FC2ブログ

雲になりたい

川柳を初めて20年あまり、主に発表句を写真やイラストでフォト川柳をアップしたり、ブツブツつぶやきます。

Top Page › 夫の病気 › 夫に対する思いは・・・
2013-09-10 (Tue)  19:55

夫に対する思いは・・・

あんなに降らない降らないと言っていた雨が、降りかけたらよく降ります。
一昨日の夕方からの雨が、昨日の朝も降っていました。おまけに?も鳴っていました。

そして今朝も降っています。お蔭で涼しいです。

昨日は雷が止んでから病院へ行って来ました。

お腹からの食事がなくなり、一日6回の食事は食べる楽しみより苦しみの方が大きいのが、今の夫です。
昨日のお昼からは軟飯になり、カロリーは1200キロカロリーになりました。
全部食べると苦しいので残しています、するとまた体重が50キロを切りました。

一朝一夕とはいかないようです。


今朝、心配して神戸の友人が電話をくれました。
気にかけてくれる友人があるのは、ありがたいことです
彼女は昨年、ご主人を癌で亡くしています。

今は自分の93歳のお母さんと暮らしています。
色々話しました。
その話の中で「病んでいる時の夫はかわいかった。母にはそんな感情を持てない」といいました。
別にお母さんとの仲が悪いわけではないのですが、そういいます。
「一人っ子で大事にかわいがられて育ったのに・・・」と言いました。

でも彼女の気持ちが、解らないでもありません、両親と暮らしたのは20年余りです。
それに比べると夫とは、倍の40年以上も一緒に暮らしています。

しかしながら私は、まだ夫が「かわいい」とは思えません。

「悔いのないようにお世話してあげて・・・」という彼女に「Eさんの言葉を肝に銘じておくわ」と言って電話を切りました。

新婚時代以外、夫婦間でお互いをかわいいと思える時があるなら・・・。
それが相手が病んでいる時だとしたら、我が家は「今でしょ!」なのですが・・・。

冷たい古女房なのかもしれません。







関連記事

最終更新日 : 2019-11-20

Comment







管理者にだけ表示を許可