FC2ブログ

雲になりたい

川柳を初めて20年あまり、主に発表句を写真やイラストでフォト川柳をアップしたり、ブツブツつぶやきます。

Top Page › 映画・DVD › 映画
2010-12-10 (Fri)  17:31

映画

先週、この冬一番観たかった映画「武士の家計簿」を観た。主演の堺雅人がいい。
猪山家は代々加賀藩に算盤侍として仕える。出世をするたびに増える出費で算盤侍でありながら、莫大な借金を抱えてしまう。それに気付いた猪山直之は家計立て直し計画を宣言する。借金の清算をするため、売れるものはすべて道具屋に売り払う。それでも半分の借金が残った。その後倹約をして10年で借金を返す。

息子の祝い膳の尾頭付きは妻が紙に描いた鯛、その鯛の絵を見て「鯛じゃ鯛じゃ」と小魚を食べる息子。この息子に家計簿をつけさせる父直之。

この映画のCMでも流れる松坂慶子扮する母親が、最後まで手放すのをしぶった豪華な赤い着物を死に際に買い戻して掛けてやるシーンはホロッとした。

家計簿をほとんどつけずどんぶり勘定のaozora@には「絶対ムリ~」というようなシーンが何度もあったが、身の丈に合った生活をするようにメッセージを受けた。


最近手当たり次第にDVDを観ているので映画のタイトルと内容が一致しないことがある。物忘れが酷くなったのだろう。12月は映画2本とDVD 8本、録画したのを4本観ている。
もう年内4日しかないのに掃除もしないで・・・・?
今日もメリルストリープの「激流」を観た。

映画は観れば観るほど癖になる・・・?昔、水野晴朗氏が言ってました。「映画ってほんとうにいいですね


関連記事

最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可