FC2ブログ

長寿国

時々ニュースになる「高齢者の虐待」
以下転載

高齢者虐待、過去最高1万5千件…息子から4割(読売新聞 - 11月22日 20:16)

 高齢者への虐待件数が2009年度、1万5691件(前年度比5%増)に上り、調査開始以来、3年連続で増加したことが、22日発表された厚生労働省の調査で分かった。

 内訳は、家庭内での虐待が1万5615件、介護施設内が76件。家庭内の虐待者は息子が最も多く、41%(前年度40%)を占めた。
 調査は、高齢者虐待防止法が06年度に施行され、虐待の発見者に市町村への通報義務が課されたのを受け、全国の自治体に件数などを聞いた。
家庭内虐待の場合、被害者の77%が女性で、80~84歳が最多の24%。被害者の少なくとも46%に認知症が認められた。

 被害者と虐待者が同居しているケースが86%あり、世帯構成は「未婚の子と同居」が最多(38%)だった。息子に次ぐ虐待者は夫(18%)で、娘(15%)、嫁(8%)などが続いた


悲しいことに、これが長寿国日本の実態である。
2009年度の統計には入っていないが、aozora@の両親も恐らくカウントをされたであろうと思う。それは市役所の長寿福祉課に相談に行った2007年だと思う。カウントをされなければああもスピーディにことが運ばなかっただろう。

「両親も初めから老人ではなかった。義姉さんが嫁いで来た時は2人ともまだ若かった」と一度だけ兄嫁に言ったことがある。それはかなり気にいらなかったようだった。

母はまだ元気な時から我々娘に「これから歳をとって寝たきりになるかも知れない。そんな時たまに帰ってくる娘は、ああしてやればいい、こうしてやろうと決して言ってはならない・・・」と何度も言われてきた。元気なうちからそんな心配をしているかと思うと淋しかった。
っで我々3人は言いつけ通り何も口出しはしなかった。先の「両親も・・・」を言ったのは両親が邪魔者扱いをされるようになってだいぶ経ってからだった。
母も娘の我々に家庭内のゴタゴタを何も話さなかった。

母の口からポツリポツリと聞くようになったのは、aozora@が留守の家の玄関に置き去りにされてからである。


関連記事

コメント

非公開コメント