FC2ブログ

雲になりたい

川柳を初めて20年あまり、主に発表句を写真やイラストでフォト川柳をアップしたり、ブツブツつぶやきます。

Top Page › 未分類 › 宝塚歌劇
2013-03-20 (Wed)  19:29

宝塚歌劇

久しぶりにBSで宝塚歌劇「ベルサイユのばら」を観た。
90年代に観たのと、少しストーリーが違っていると思った。

宝塚市に15年間住んでいた間に、何度か大劇場へ足を運んだ。
阪急友の会に入っていたころの話である。

aozora@がみたベルばらはたしか、アンドレ:杜けあき、オスカル:一路真輝だった。

長女がまだ1歳ぐらいの時、宝塚歌劇のチケットを2枚もらったので、神戸の義兄嫁を誘って大劇場へ行った。
席も前の方の真ん中のいい席だった。ところが幕が上がるや大音響にビビった長女が大泣きして、とても観劇どころじゃなかった。今思いだしてもあれは惜しいことをした。

工業高校を出た甥が就職したのが阪急電車で、当時は宝塚ファミリーランドの遊具の補修等をしていたが、その後歌劇団のスタッフとして働くようになった。
今もスタッフの一員として働いている。
東京公演にも全国ツアーにもついて回っている。

スタートいえども衣装を変えるときは、男性スタッフがいても意識せずに着替えるらしい。
まあスタッフも、じっと見ているわけにもいかないだろうが・・・
今回観たベルばらのスタッフの中に甥の名前があった。
スタッフになった頃、スターがファンからいただく豪華な花束を持って帰ってくるため、姉はクリスタルの花瓶を買った。
会社から歌劇の招待状ももらっていたので、姉と一緒に行ったものである。

甥も結婚し親にチケットが、回って来なくなったこともあり、劇場を建て替えてからは、一度行ったきりだと思う。
もう20年ぐらい劇場では観ていない。今じゃトップスターの名前も顔も知らない。

わざわざ並んでチケットを買ってまで、観に行こうとまでは思わない。(もちろん今はオンラインでも購入できる)



関連記事

最終更新日 : 2014-12-30

Comment







管理者にだけ表示を許可