FC2ブログ

両親の面会


  IMG_3322@.jpg

 上り線のSAからみる《夕方の明石海峡大橋》


  IMG_3329.jpg

 上り線のSAからみる《下り線のSA》


昨日は姉2人と一緒に田舎へ行ってきた。
長姉とはJR西宮で待ち合わせ、次姉とはいつものように淡路SAで待ち合わせた。
今の我々と兄夫婦の関係の中で、三人の姉妹があること、何となく都合をつけて三人が集まれることは幸せだと思う。
このことは、よく他の人からも言われる。最初はあまり思わなかったが、両親の一件があってからは、本当によかったと思うようになった。

母も老健にだいぶ慣れたようである。田圃の中にある施設で、朝目覚めるとベッドから見える山を見て、顔を洗い目の前に見える田圃を眺めるのだそうだ。
難点は同じ部屋の後の3人の方は話が出来る状態ではないので、部屋にいる間は本を読んでいるのだそうである。リハビリにいったり食堂に行くと昔の馴染の方もおられ話が出来る。

父のところへ行くとしばらくして「おしめの交換です」と介護の方が来られた。そして「交換後、車いすでホールへお連れします」と言われホールで待っていた。ほどなくして連れてきてくれた。父はまだ自分が歩けなくなっていることを理解できず、ベッドから立ち上がろうとして転ぶことがあるので、ベッドを外しマットを2枚並べてその上に蒲団を敷いている。そんな父を壁に凭れさせるのも、慣れない物には大仕事である。
それをおしめの交換をして、車いすにのせて来るのにそう時間がかからない手際のよさに、有難さが倍になる。
仕事と一口で片づけられるものではなく、ただただ有難い????
昨日も父はけっこうおやつを食べた?お饅頭とカステラを食べたが、まだ食べると言う。しかしお腹が痛くなっても困るので、他のおやつといっしょに預けた。
好きな物が食べられる元気が嬉しい。



関連記事

コメント

非公開コメント