FC2ブログ

寒い一日でした

そうはいっても日本海側の雪がふっている地域に比べれば、過ごしやすいのでしょう。

エレべーターを降りたところにある梅が、まだ咲きそうにありません。
年毎に寒くなっていると感じます。年齢のせいではないと思います・・・きっと?


    R0011181.JPG

  《↑は昨日の淡路サービスエリアの観覧車》はいピンボケです(^_^;)

今日も青空が広がっていましたが、冷たい風が強かったです。
冬は洗濯物が乾かなくて困ります。乾いていても冷たい?取りこんだらヒーターの前の室内物干しに掛けて、温めるというか乾かしておきます。


昨日父のところで、俯いて何度も廊下を歩いている方を見かけました。
父と私たちが座っているところは、陽が当たってとても暖かくていい気持でした。
そこへその男性がきて座り話しかけてきます。胸にT田と書いた布を縫いつけてあります。

何年も認知症の姑と同居していた姉が、話しかけました。
「Tさんはお家はどこですか?」「尾崎・・・」「じゃあ遠いですね」「遠いか近いか儂には解らん・・・」「何歳ですか?」「62だと思う」「何年生まれ?」「大正13年」どうやら30年近く時計が止まっているようです。

父ももう自分の年齢はわかりません。でも誕生日は明治44年・・・と言えます。
母は自分の歳は解っていますが、父の歳はこの2~3年毎回100歳だと言います。
高齢者を目の前にすると色々なことがあります。
そして色々考えさせられます。

両親の年齢まで生きるとは思っていませんが(生きていたら怖いです)10年先の自分はどうしているか予測がつきません。
団塊の世代の私の年代は、間違いなく世の中のお荷物になっていると思います。


関連記事

コメント

非公開コメント