FC2ブログ

2011年、春の小旅行

友人との春秋恒例の小旅行は、今回も故郷淡路島。何も故郷のホテルで宿泊せずとも違う場所に行けばいいような気もする。
しかし明石海峡大橋が開通して以来、淡路島は私が知っていいる淡路ではなくなった。
新しく出来た施設が多々あり、時間をかけてゆっくりみたいという思いがある。そして友人もいたくお気に入りなのである。いつも車で行っているので方向音痴の私も大体解るという利点もある。

今回は友人が見たいと言う山桜をメインにした。
橋を渡り高速を走っているとたくさんの山桜が咲いている、しかし目的地の「ゆずりはダム」周辺の景観には及ばない。
「淡路花の札所第35番」のゆずるはダム湖周辺は、まさに山のてっぺんまで桜である。
西淡三原インターを降り、途中お弁当を買いダムへ向かう。
前方に広がる桜の山、友人はきれいきれいと大喜びである。段々狭い田舎の道に入って行くと山が三方向から迫ってくる。
駐車場へ車を止めて真正面に山を見る場所でお弁当を広げる。桜をみる。
あちこちで「わ~きれい」と歓声があがる。
つい2日前にもみたのだが、一面に広がる山桜の優しい色は、見る人を芯から癒してくれるそんな気がして飽きない、本当にきれいだ。

    IMG_2233.jpg

    IMG_2257.jpg

ダムは1968年着工1974年竣工とあるから私が結婚後に出来ている。知らない筈だ。
ただ桜がこんなに有名になったのは近年のことだと思う。
子どもの頃、山桜が咲いてこんなにワクワクしたことはなかったし、今ほど山桜が多くなかった。
母も最近は増えたと言う。木が大きくなり目立つようになったのと山の手入れをあまりしていないのかもしれない。
何はともあれダムの周囲をぐるりと囲む染井吉野とそのダムを囲む山のてっぺんまで咲く桜は圧巻である。
青空の下でお喋りをしながら食べるお弁当は美味しい。心行くまで桜を観て、ダムの廻りをぐるっと回る。
このあともう一か所まわる予定だったが、友人は花粉症が苦しそうなので取りやめた。
しかしホテルに向かうにはちょっと早いので、美味しいジェラートのお店に向かう。

すえひろ緑店、国道端のこのお店は何度も前を通るが入ったことはなかった。淡路牛乳を使ったジェラートが評判とネットで見ていたので、今回は是非とも行こうと思っていた。

     724857.jpg

  車内へデジカメを置いたままだったので看板だけ・・・

私はミルクとイチゴ、友人はミルクとさくら、量もたっぷりで300円は安い。あっさりと美味しいジェラートにおばちゃん2人大喜びである。

この後、幼馴染の所へよりブロッコリーをgetし、ホテルへ向かった。


関連記事

コメント

非公開コメント