FC2ブログ

文章の書き方

先週の土曜日は、川柳講座の有志で立ち上げた勉強会があった。

師が発行する川柳の季刊誌には、会員作品のページと、誌友・会員の作品が掲載されるページとがある。
この勉強会は後者の、誌友・会員作品の両方の作品、約1000句の中から5句を選び鑑賞文を書いていく。
各自が優れた句だと思ったのを選ぶのである。
1000句以上の中から5句に絞るのは結構大変なことで、毎回苦しんでいる。
鑑賞文が出来てないため、当日勉強会を欠席しようかなと、思ったことが何度もあるä?

そしてチェックされる文章の表現力・・・。
今回も非常に手厳しかった。
鑑賞文は各自の思いを文章にするので、それには何も言われないのだが、問題は文の書き方である。
句読点の打つ場所が難しい。
句点「。」と読点「、」句点は誰でも打てるが問題は読点である。

どこに打てばいいのか、ハッキリ解からない。
一つの文に何か所も読点を打ち、だらだらと長い文章にならないように書く。
センテンスは出来るだけ短くし、勢いのある文章を書けと言われる。
そして文体を統一すること。「ですます体」と「である体」をごちゃ混ぜにしない等々・・・。

川柳の講座でありながら、時々作文を書かされる?ä

このブログを書くのに何カ月か前から、何となく優しくみえる「ですます体」で書くよう心がけていた。
そうすると今まで書いていた「である体」で文章が書けなくなってしまった。
っで鑑賞文を読み直してみるとどうも変な部分がある。
でもそれをどう直せばいいのか解からない。
解からないながら打ち直し、冊子担当のSさんに今日Faxを入れた。
ほどなく電話があり、変だなと思いながらも直せなかった箇所を指摘された。
??そうだ!そうだったのだ?
言われるように訂正し「である体」の鑑賞文が完成した。



っということでまたこのブログも、今日から「である体」で書くことにした。


   

   IMG_5291.jpg


もうすぐ雛祭り・・・おいしい和三盆です~????



関連記事

コメント

非公開コメント