FC2ブログ

雲になりたい

川柳を初めて20年あまり、主に発表句を写真やイラストでフォト川柳をアップしたり、ブツブツつぶやきます。

Top Page › 映画・DVD › 映画
2011-06-20 (Mon)  17:57

映画

「星守る犬」を見て来た。
今週は、友人と日にちが合うのが、昨日(月曜日)と水曜日だったので、レディスデイの水曜日を避けて行ってきた。

北海道のある町でワゴン車の中から、死後半年の男性の遺体と死後1ヶ月の犬の遺体が見つかった。市役所の職員が落ちていた2枚のレシートから、この男性と犬の足取りを追う・・・


何度か予告編をみていてストーリーが大体解かっていたので、もうひとつ感動しなかった。
原作を読んだ方が感動するのだろうと思った。
ただ人生の最後をあのような形で迎えたくはないなと思った。
夫婦のありかた、不景気の世の中、考えさせられる部分は多々あった。

19日は「父の日」で子どもたちは父親参観日だったのだろう。振り替え休日とみえ映画館には子どもが大勢いた。この「星守る犬」を観る子どもも多かった。
aozora@の左の席も小学生の子どもだった。

子どもは中盤から鼻をグスグスさせ最後にはしゃくりあげていた。子どもがこんなに感動する作品に涙ひとつ出ないaozora@・・・
当然と言えば当然だが、純真さも繊細さもなくなっている感性に改めて気付いた。


関連記事

最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可