FC2ブログ

テレビの修理

というかDVDデッキの交換でちゃんと見ることができるようになったDVD?
ディスクを買うとき何度も削除して、また録画ができるREを使っていますが、何度でもと言うのにも限界があります。

昨日のサービスマンの言われるには、何度も録画・削除を繰り返すうちに当然ながら、ディスクの劣化が進むということです。
よくみるとバームクーヘンのような筋が見えたり、色の薄い部分と濃い部分が出来てくるそうです。
これはDVDもブルーレイも同じとのことです。

テレビとデッキの独立タイプは、テレビの電源をONにしてもデッキの電源が入りませんが、我が家のような一体型は、テレビの電源がONの間はデッキの電源が入っているので、埃を寄せ付け易いとのことです。
この機種に関しては2年ぐらいで、この症状が出ているとも聞きました。

何れにせよ一長一短があるということのようです。

ディスクを拭く液は持っていますが、レンズクリーナーは持ってないので、買ってこようと思います。
我が家の場合デッキの内部には、DVDを読み取るレンズとブルーレイを読み取るレンズの2枚のレンズがついているそうですので、DVD用とブルーレイ用と2枚のレンズクリーナーディスクが必要です。

レンズに付着した埃を取り除くのに、ディスクに短いブラシが付いているという面白い形状のディスクです。
皆さんきちんとこういったもので、デッキのお手入れをされているのでしょうかねえ?

ビデオテープの時代には我が家でもクリーニングテープを使っていましたけどね。




IMG_0037.jpg

《?》

ウズアジサイ.jpg

《ウズアジサイ》


関連記事

コメント

非公開コメント