FC2ブログ

人工関節置換術

先日来発表句をExcelで保存しようとチマチマやっているのは
この前アップした。
柳誌に発表した87号から178号まですべて出来た。
約900句あった。
このほかに資料として残している各大会や、web句会の
入選句はまだ出来ていない。
始めた頃、とにかく面白くて新聞や、当時全国で一誌だけだった
川柳専門誌「オール川柳」にも投句していたが、その入選句は
残念ながら控えていないし、本も処分している。


整理をしていると懐かしい句に出会う。
この頃はやる気一杯だったなあ・・・と今の緩んだ気持ちが
情けなくなる。

今から21年前の五十歳の時の句です。
この頃は見た物触れた物で、とにかく一句詠もうと構えていました。

先天性股関節脱臼だった私は、おしめが外れた頃にギプスを入れた
そうです。その後友達と同じことが出来、何不自由なしに大きくなり、
結婚出産をしました。
股関節に痛みを感じたのは、阪神大震災後のことです。
ガスも水も止まった生活で、重い水を運んで股関節を痛めてしまったのです。

それから瞬く間に骨頭壊死まで進み、人工関節置換術を受けました。


      股関節症足の裏が見にくくなり

     入院の連帯保証頼まねば

     切手買いはがきも買って入院す

     リモコンで上下のベッド良いベッド

     三人にご挨拶する四人部屋

     明日手術逃げ帰るなら今のうち

     手術がなんだ脚がなくなる訳じゃない

     私の股関節 新品にする

     傷口にてんこ盛りしてあるガーゼ

     四人部屋四つのテレビ観る四人

     障害者の仲間入りして五十歳

     行けた行けたトイレに行けた生きている

     人工関節レントゲンにて確認す

     陽だまりの談話室にて呆けていく

     五週間解放されるおさんどん

     私が障害者だという手帳



障害者の認定ですが、何年か前に基準が変わりまして、人工関節を
入れた場合、痛かったところが痛くなくなり生活の水準が上がるということで
障害認定が降りなくなっています。


   お見苦しいですが・・・。
           

     人工関節


           五十歳で右脚、六十歳で左脚を手術しました。


関連記事

コメント

非公開コメント

No title

たくさんの川柳、一つひとつ読んでいると、
切なくなります、大変だったでしょう、お辛かったでしょう。
それが言葉の陰に隠れているのが、よく分かります。
乗り越えたんですね。

ハナコさん

手術までは痛くて痛くて・・・。
でも手術後は嘘のように痛みがなくなって
嬉しかったですよ。