FC2ブログ

BBからHBへ

これは貧乏バアさんからハッピイバアさんへの略ですね。

困ったことに、日本では「女の老後」が貧乏になるように
できているのだそうです。


日本の高齢女性は、実は「BB」=「貧乏ばあさん」ばかりなんだそうですよ。
日本は他の先進国に比べて女性の就業率が低く、就労しても、結婚・出産、
夫の転勤、親の介護などの事情で、途切れ途切れの細切れになりがち。
さらに、多くの場合、男性よりも低賃金でパートなど雇用が不安定なため、
年金をはじめとする社会保障につなが りにくいことが、「BB」を大量発生させて
いる原因とのことです。

確かに夫が生きていれば、妻の年金が少なくても生活は成り立ちます。
でももし夫に先立たれると、年金は6割、限りなく5割に近くなると聞きます。
たくさんの預貯金があれば良いのでしょうが、みんながみんなそうとは限りません。

現に私は結婚が早かったのもあり、厚生年金は11ヶ月しかありません。
アルバイトで町役場に勤めましたが、当然厚生年金はありません。
そして国民年金も満額ありません。
年金は微々たる物です。夫がいないと食べてはいけません。
この50年近く夫の収入に頼っています。

我が家も病気療養中ですが、生きて年金は満額受給しています。
国家公務員だった夫は、早期退職後、二社の企業に勤め厚生年金も
約10年分受給しています。
これはとても有り難いと思います。


今更どうあがいても、夫の年金なしではハッピイバアさんにはなれません。
そして私が先に死んでも、夫の生活水準は変わりません。


  @IMG_0279.jpg

     
     生活のため先に死ぬなと言うておく   タンポポ
関連記事

コメント

非公開コメント

妻が亡くなって・・・

タンポポさん、こんにちは

トラ家は共働きでしたので、亡き妻の生前は、二人分の年金でしたが、私一人になって、年金も一人分になってしまいました。
急に減ってしまいましたが、二人が一人になっても、支出はさほど変わりません。
なので、衣類などは節約していますが、私一人分の生活費なので、年金だけで何とかなりそうです。
退職金は、もしものために、しっかり残しています

トラさん

こんばんは。
そうですね、支出は二人も一人もあまり変わりません。夫が長期間入院したとき感じました。
家での一人と、入院費で限度額申請書をだしてもずいぶん高くつきました。
あの時、子どもの進学・結婚・お産・全て終わっていたので、内心ホッとしました。