FC2ブログ

続怒涛の一日

ご心配おかけしています<(_ _)>



昨日の日記の最後の4行を残したところで、お風呂に入ろうとした夫が朝晩の体温と血圧測定をしていた。
体温を測った夫が「熱が上がってきた、風呂は止める」と和室に横になった。

みると様子がおかしい。
目を白黒させて苦しそうだ。「どうしたの?」と問いかけるのと吐血するのと同時だった。
上を向いたまま吐血した。あわててタオルを取りに行き、横を向かせようとするもまたも吐血。
レバーのように固まった血もある。最初の吐血の時、この血の塊が喉を塞いでいたのか気を失っていた。
119番に救急車を要請し、吐血したこと、入院中で外泊をしていることを伝える。
目の前で吐血するのを初めて見た私は、電話の声が上ずっているのが解った。
そして病院にも電話をし状況を伝える。

9時過ぎ救急隊到着、その後も吐血を続ける。
救急車で搬送されている間も2~3回吐血するが、意識はしっかりしている。「風呂の火は止めてきたか?」と訊く。

病院に到着すると救急の入り口でガードマンが出迎えてくれる。

救急隊員にお礼を言う間もなく、救急外来へ入って行った。
待合に残り夫は手当やら検査を受ける。胃カメラも昨夜のうちにのんだ。
医者からは、大変重篤な状態であること、翌日まで吐血が続くと命の危険があることの説明を受ける。


CCUの面会は12時から3時なので、11時過ぎに出かけようとしていると、病院から電話があった。
CCUの看護師長からで「今朝も吐血が続いているのですぐ来るよう」と指示をされる。

昨夜の医師の言葉が頭をよぎる。




結果は今日は大動脈にステントグラフトを挿入手術をしました。
詳細はまた改めて・・・。




関連記事

コメント

非公開コメント