FC2ブログ

母に会いに

枚方の姉と母の面会に行ってきた。
私はずいぶん久しぶりの親不孝娘。
それでも母は、じ~と顔を見て記憶の底から私の名前と
顔を引き出してきて、○○代と解った。
ほっ!良かった、今回も忘れられていても仕方がないなと
覚悟をしていた。
何分にも我が家は、5年前私が両親の面会に行った
日の夜、夫が吐血をした。それがトラウマになっている。
それで気にはなっても、出かけられないでいる。
二度とそんなことがあっては困るが、どうしても気になる。

2人の姉がこまめに行って、様子を知らせてくれるので
安心している。
受付で面会票に名前を書いて上に上がる。
母の今いるフロアーは、入所者が勝手にエレヴェーターに
乗り込まないようになっているので、いったん2階で降りてスタッフに
4階まで同行してもらう。
エレヴェーターの中でスタッフが「娘さんですか?」
「昼間もうつらうつらしていることが多いのですが起きていれば
いいですね。」などと話しかけてくれる。

エレヴェーターを降りると談話室にいる母がみえた。
良かった起きている。

耳も遠いし目もあまり見えていない母とのコミュニケーションは
難しい。
一方通行である。
つい2~3年前なら行くと、待ちかねたように話をしたものだが
最近は姉たちが行っても、一言も喋らなかったということがあるが
昨日はよく喋った。
嫁から受けた辛い仕打ちも忘れて、嫁のことを悪くは言わない。

父が亡くなったことは解っている。
一人の世界に浸っているのか「おじいちゃんが死んで・・・」
「みんなで一緒にご飯を食べるのに、料理を頼んであるねん」
「招待状は届いたか?」などと聞く。
どんな世界にいるのか知る由もないが、「いやあ未だ来てないわ。
それは楽しみやなあ」と話を合わせておく。

母の話を聞いているうちに、お風呂の時間になったので
お礼を言って帰って来た。

母の話に耳傾ける談話室   タンポポ

行けば本当に安心して帰って来れる。
いつ行ってもスタッフの皆さんに、感謝の一言なのだ。
本当にありがたい。
施設での暴行事件がニュースになったりするが、
我々姉妹は、そんな心配は皆無である。
ありがたい。
次はいつ行けるか解らないが、安心して帰って来たのは
言うまでもない。ありがとう。
お母ちゃん元気でいてね。親不孝娘だけど忘れないでね。
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

お母さま、お元気でお過ごしのようで
安心しましたね。

母が生きていてくれる、その思いが自分を支えるのかも知れません。
母への思いは自分が生きているうちは
ずーっと続くと思います。

私は会えなくなって、ますます実感しています。

風香さん

ありがとうございます。
やはり会ってくると安心できます。
70になっても80になっても、娘は
娘、母は母なんですよね。
生きていてくれるだけで幸せだと
思います。

No title

お母様に会われてきたんですね。
良かったですね。
お元気で安心しましたよね。
その安心感は、私も同じです。

離れているとなかなか会うことがないので、
私の母は、私のことを忘れているみたいでしたが……。
お嫁さんが亡くなったことも記憶に
ありません。
切ないですよね。
あれほど気丈で強い人だったのに……と、
いまでも思います。

ハナコおばさん

両親の場合、施設に入るきっかけが
辛いものだったので、その記憶が
無くなったのは、良いと思っています。
たぶん100歳までは生きると思います。