FC2ブログ

開けてビックリ

夫の兄が78歳で、6月に急逝した。
若いときは勤めていたが、20年ぐらい前に独立して
商売を始めた。有限会社である。
義兄と事務員さんが一人。
自宅マンションの一室を事務所にした。
勤めていた時と同じ、建築資材を扱う会社であった。
会社を始める時、夫に共同出資者にならないかと話があった。
しかし公務員の夫は副業は出来ないので、断った。
何よりもし何かあった時、火の粉が飛んでくるのを避けたのだと思う。

はた目には順調に行っているように見えた。
兄嫁さんは商売には、一切関わらなかった。
夫はよく「何時まで働いているんや、もう辞めてゆっくりすれば?」と
言っていた。

そして倒れてわずか9日で逝ってしまった。
夫の再三の手術では、術後の説明を何度も一緒に聞いてもらったのに・・・。
葬儀も終わって、いろいろの手続きをしている頃、義妹から
かなりの借金があるらしいと電話があった。
兄嫁さんもビックリの金額らしい。
その精算のために、夫や義妹に遺産相続を放棄して欲しいと
電話があった。
もちろんそうするつもりで、弁護士からの電話を待っている。
今住んでいるマンションも抵当に取られるようだ。

ずっと忙しく突っ走って来て、最後にこんなことになるとは
残された兄嫁さんが気の毒でならない。
負債の金額は如何ほどかは知らない。
ただ100万200万ではないようだ。
独立まで同じ会社で働いていた甥は、その金額を聞いているが
恐ろしくて言えないと言う。今後の生活も気になる。
なんとか精算が済んで、穏やかな日が送れるように願う。

関連記事

コメント

非公開コメント

お気の毒ですね。我が家は夫が亡くなった時、さてこれからどうして生活しようかと思いましたもん。幸い借金がなく、遺族年金と、多少の私の年金で何とか暮らしています。兄嫁さんが早く落ち着かれますように。

杏子さん

ようお越し(*^^*)
サラリーマンなら借金は普通ないで
しょうね。住宅ローンがあるかも
しれないけど、保険でカバー出来る
ようになってますね。