FC2ブログ

大雨洪水警報 (追記あり)

各地で大雨の被害が広がっている。
皆様の地域は大丈夫ですか?
我が家は、敷地のすぐ東に割合大きな川(二級河川)がありますが
今まで危険を感じたことがありません。
尤も濁流が大きな音をたてて流れていても樹木が邪魔をして
川面は見えないのです。
ここに来る前に住んでいたところも横に大きな川がありました。
そこは窓の外を見れば目に飛び込んで来て、さすがに気持ちのいいものでは
ありませんでした。

昨日は川柳の講座の日でした。
前日から大雨洪水警報が出ており、てっきり休講だと思っていました。
ところが講師も受講生も何人かが登校しており、普段通り開講したのだそうです。
大雨洪水警報が出ているのに、開講ってありえない。
もし何かがあった場合責任を取れるのだろうか。
受講料の払い込み用紙に、新しくなった悪天候の場合の受講要綱を
書いてあったらしいが見落としていた。
友人によると、小さな字で天眼鏡で見て、ぼんやり見えたとのこと。
どうにも納得が出来ずに、カルチャーセンターのHPから問い合わせてみた。
すると土日は本社が休みのため、月曜日にきちんとした返事をします。との
メールが来た。なんだかなあ・・・。

って嫌なお婆だろうな

      ~~~~★~~~~★~~~~★~~~~
本社から今朝下記のメールが来た。

メールをいただきありがとうございました。
お返事が遅くなりましたことをお詫び申し上げます。

当社では講座を開講するかの判断は以下の基準で運用させていただいています。

警報発令時の休講の判断
?各講座の2時間前の時点で暴風警報が発令されている場合は、安全を考慮して講座をすべて休講といたします。できるだけ補講を実施する方向で検討いたしますが、補講ができない場合もございますのでご了承願います。
?発令地域のご注意:梅田教室は北大阪全域か大阪市の発表、豊中・高槻各教室は北大阪全域か各市での発表、枚方教室は東部大阪地域全域か枚方市での発表、神戸・西宮教室は阪神地域全域か各市での発表により、休講します。
?受講者それぞれに電話連絡はいたしません。各自でご判断ください。
※警報発令時の天候状態や社会的に影響が大きい異変が発生した場合は、開講を見合わせることがあります。当方から連絡できない場合は、皆様の判断にゆだねざるを得ないことが考えられます。ご了承ください。
※台風の接近が予想される場合、事前に休講を決定することがあります。その場合は当方から連絡いたします。
※「特別警報」発令時は教室閉鎖となります。
※暴風警報発令時以外で突発的に公共交通機関が運休した場合、原則講座は行います。(全交通機関が停止するような非常事態については別途判断します)一部交通機関が運休しても、休講とはなりません。但し、交通機関の急な運休となり講師が講座開始時刻から15分以内に
 到着できない場合は、不測のトラブルと判断し、その場は解散、後日補講を行います。教室までの交通費などの補償はできませんので、あらかじめご了承ください。
※停電が発生した場合、10分過ぎても復旧しない場合は、講座を中止します。その時点で、講座時間の半分に達していない場合は、後日補講の対象となります。

7月7日は西宮では「暴風警報」も「特別警報」も発令されておらず、
「阪神電車」も運行されていました。
また「阪神・にしのみや」も通常営業されていました。
以上のような条件から、開講させていただきました。
関連記事

コメント

非公開コメント

非常事態

雨の日って行きたくないですよね。
ましてや台風のさなか。
何かあったらどうするのでしょう。

但し書き

生命保険の約款みたいに、あえて見づらく書くってこともあるかしら。
今回のような自然災害に対応できないって、
不親切な講座ですね。

秋桜さん

当然休講だと思っていましたよ。
車でも行きたくないわ。
返信のメールでは、私が聞いた責任問題には
触れていませんでした。

風香さん

大雨洪水警報は、学校なども休みに
なりますよね。
ほんと不親切です。
新聞社のカルチャークラブなのにね。