FC2ブログ

認知症

25820_1.jpg

イラストは無料素材屋さんからお借りしました。

 旧作から  

 叱らないことが基本の認知症  タンポポ


明後日、92歳の叔母と従妹夫婦と我々三姉妹で、母がお世話になっているケアハウスに
行くことになっている。
母は96歳認知症になって、もう何年になるだろうか。
叔母も認知症である。

そもそも今回一緒に面会に行くことになったのは、最近電話も掛けられなくなっている
叔母が珍しく姉に電話をかけて来たことから話がまとまった。
姉が叔母と舞子駅で落ち合うという話になったと、電話をして来たのだ。
叔母が1人で来られるのだろうかと、心配をしていたが私はそれ以前に
約束したことを覚えていないだろうと思った。

そして従妹に電話すると、1人では絶対行けないと言った。
最寄りの近鉄の駅へも一人ではいけないらしい。
一度電話をかけて確かめると従妹が言った。
電話を掛けると姪である私の姉に、電話を掛けたことを忘れていた。
もちろん約束したことも忘れていた。これが認知症なのである。

そして叔母が姉である、私たちの母に会いたいのは、解っているので従妹夫婦が
連れて行くことになった。
話がまとまって10日程経っただろうか、昨日叔母から姉に「脚が痛いから行くのをやめる」と
電話がかかってきた。
そこで我々はどうするか話している時、長姉が従妹と叔母との間で話がついているの?と
言った。姉に電話をしてきたのは叔母・・・。
私が従妹にこのことを話すと聞いていないと言う。

そして昨夜従妹から「電話をしたことを忘れているし、脚も痛くないと言っている」と
いうことで予定通り決行となった。
ただ高齢者ゆえ、当日までどうなるかは本当のところ解らない。
関連記事

コメント

非公開コメント