年齢差

フランスの新大統領にエマニュエル・マクロン氏(39歳)が選ばれた。
フランス史上最年少で、大統領に就任する。
そしてマクロン氏は、「私は欧州を擁護する」などと述べ「親EU」の立場を
改めて鮮明にした。

新しいファーストレディが誕生する。
ブリジット・トロニュー夫人(64歳)である。
25歳の年齢差は、メディアの格好のネタになっている。

確かに、もし私に息子がいて、25歳年上の女性と結婚すると言われたら
きっと泣いて反対すると思う。
マクロン氏の親が18歳になるまで、彼女と会わないようにと言ったが、
ブリジットさんは、それはできないと答えたそうだ。
でも当時夫があり、三人の子供がいた、教師である。
他人の恋愛に口出しをするのは、野暮ではあるが、教師として
どうなのだろうと思う。

出会ったのが15歳と40歳、立派な大人とまだ世間知らずの少年である。
しかもブリジットさんの長女と、マクロン氏はクラスメイトだそうな。
親の気持ちがよく解る。

「彼女がいなければ今の私はなかった」と公言しているように、
立派な女性なのだとは思う。

マクロン氏に実子は居ないが7人の孫があるそうだ。
なんだか複雑な気持ちになってしまう。

20年先マクロン氏は59歳、ブリジットさんは84歳・・・。
何はともあれ新しい大統領と、ファーストレディの誕生である。


関連記事

コメント

非公開コメント

個人教授

タンポポさん、こんばんは

まるで、映画「個人教授」のナタリー・ドロンとルノー・ベルレーみたいですね。

実際にあったなんて驚きました(笑)

トラさん

コメントありがとうございます。
映画と違って、こちらは結婚ですもんね。
ビックリです。でもやはり年齢は隠せませんね。