別れの季節

春は別れと出会いの季節。
私が年に一回行く、総合病院の整形外科の主治医が転勤する。
受診が年に一回だと、明くる年の予約が取れない。
先日予約の電話を入れると、受付で「Y先生は3月末で転勤になりますので、
後任の先生になりますが、よろしいですか?」と言う。

左右の脚を手術しているが、どちらの脚もこの主治医が執刀医では
ないので医師が変わってもかまわない。
次回の予約日、どんな医者が主治医になるのだろう?
この整形にたくさんの患者を集めてきた医師も、転勤になるようで、
転勤先について行くという患者も多い。

夫が昨春、大腿骨を骨折した時の執刀医も、転勤だと聞いてきた。
自治会の役員をしている方も引っ越しをすると言う。
私たちとさほど変わらない年齢の方が、新たな土地への引っ越し、
勇気があるなと思う。

我が家はここを、終の住処と決めている。
今更、他の土地には行けないし、そんな元気はない。
何より夫の病院が、今より離れては困るのだ。


関連記事

コメント

非公開コメント