春のメッセンジャー

瀬戸内から大阪湾で、この時期だけとれる玉筋魚(イカナゴ)は
今年は大変な不漁だそうな。
この10年程、豊漁だというのを聞いたことがないと思う。
解禁になって今日で5日になる。
1キロ3000円~4000円と、とにかく高いらしい。
らしいというのは、今年私はまだ現物を一度も見ていない。
このあたりのスーパーまで、出回らないほどの漁獲量なのだろう。

不漁の原因は、海水の温度が上がったため稚魚が
他の魚の餌になってしまうのだそうだ。

どこのスーパーも例年なら、午後1時ぐらいには到着し売り場には
イカナゴを買い求める人の列が出来る。
家の周りでもどこかからくぎ煮を炊く匂いが、してきてもよさそうな
時期なのにそれもない。

スーパーの店頭に並ばないものを、入手するのは至難の業・・・。

私は今年、あきらめようと思っている。
1キロ3000円以上はあまりにも高い。
毎年送っている方には、義理を欠くが致し方ない。

瀬戸内の春のメッセンジャーは、高値に負けました。

関連記事

コメント

非公開コメント

毎年妻が・・・

タンポポさん、こんにちは

毎年、妻が友人からいただいているのですが、今年からは無いでしょうね。残念です

スーパーでくぎ煮が売られていたら、やはり季節のモノなので、少しだけ買いたいですね

No title

いつも福良港で買って来るのが楽しみなんです。

トラさん

おはようございます。
そうでしたか。今年もいただけると
いいですね~。
出来上がったものは、今年は
200グラム980円で売っていたそうです。

藤の花さん

ご無沙汰しています。
福良で買われますか。
漁師町ですからね。
私は福良では干し蛸と、
チリメンジャコを
買うのが楽しみです。