またしても

夫が入院をした。
2011年の10月以来、もう何回目の入院なのか、本人も私も定かではない。

昨日、感染症内科の予約があり、一人で出かけて行った。
受診の前の採血検査で引っかかってしまった。
カリウムの数値が2週間前に比べて、上がり過ぎていた。
結果を見た主治医の顔色が変わったという、それほど高くなっていたのだ。

そして急遽腎臓内科の専門医を受診したという。
実はこのところ、足の甲が腫れているのが気にはなっていた。
たぶん腎臓から来ているのだとは思っていた。

腎臓は最初に倒れた急性大動脈解離で、左の腎臓の機能を失い
右の腎臓だけで頑張ってきた。
減塩、カリウム制限の食事を心がけていた。

夫の兄も姉も透析治療をしていたが亡くなっている。
長男も透析をしている、素人考えでも腎臓の悪いDNAが濃いのだと思う。

昨日の状態では一時的な透析も考えられていたそうだが、それは何とか
避けられた。
数値は少し改善しているが、ベッドから降りられない。
救急病棟から一般病棟に移る前体重を測った。
立ち上がるのは禁止なので、身体をシートのようなものに包んで
ゆりかごのように、ぶら下げて測っていた。

一般病棟に移動した。以前長い間お世話になった病棟であり、看護師長さんが
おかえりなさいと挨拶に見えた。
救急病棟でも何度もお世話になっており、やはり覚えている?と挨拶をしてくれる
看護師さんがいたしうだ。
あまり長居をするところではないなと思う。

取りあえず月曜日の検査結果を待って、退院か否か、また今後の治療が決まるらしい。

我が家の今年の目標は「入院をしない」だったのだが、今年もあっけなく入院をしてしまった。
今回だけで済みますように・・・。
関連記事

コメント

非公開コメント