三回忌

今日は22日、享年105歳で逝った父の命日。
お呼びではない我々三姉妹は、父の好物だった和菓子をお供えに送った。

三回忌の法要は、お寺さんが来てお経をあげてもらうと、甥の嫁さんから、
お供えのお礼の電話で聞いた。
これもおかしなことだと思う。
兄の名前で送っているのだから、本来兄か兄嫁が電話をしてくる
のが筋というもの。

どこまでも世間知らずで、恥知らずなんだろう。

我々は諦めてはいるが、この調子で田舎でうまくお付き合いが
出来ているのか、心配になってくる。

実家のこと、両親のことに口出しは出来ないが、ケアハウスの費用が、
母の年金では一ヵ月分しか払えないので、4人で負担している。
一切の口出しは許さないが、お金を出せと言う。
これはとてもまともな大人の言うことではないと思う。

実家の方角に向かって手を合わせた。
関連記事

コメント

非公開コメント

お金は出すが・・・

タンポポさん、おはようございます

お金は出すのに口出しできないって、なんて理不尽な話なんでしょうね。
お供えの件にしても、お兄さんの対応は、失礼にも程がありますね。
せめて、タンポポさんの側だけでも、我慢して世間並の大人の対応をしていくか、さもなくば・・・。
ご心痛、お察し致します。

トラ

トラさん

こんにちは~コメントありがとうございます。
お恥ずかしいことですが事実です。
はらわたが煮えくり返るってこんなこと
だと思います。

70歳を超えた兄夫婦に、今更何を
言っても無理でしょうね。
って何も言えないのですが・・・。