FC2ブログ

娘もおばさん

今日は長女の46歳の誕生日。
まさか娘がこんな歳になるなんて・・・。
親もそれなりに歳をとり、当たり前ながら娘たちもおばさんになった。

私が長女を産んだのは22歳だった。
この年は大阪万博が開かれていた1970年。
世間知らずの21歳が結婚し、すぐ妊娠出産となった。
今思うと冷や汗ものである。

長女を産んで2年9か月後、次女が産まれた。
若いながら必死で子育てをしてきたと思う。
そんな時代でもあった。

子どもは親を選べない、だからきちんと育てなきゃ。
そんな思いで子育てに追われた。
でもそんな生活が、ちっとも嫌ではなかった。
むしろ幸せだと思っていた。
官舎での暮らしは、同年代の人がたくさんいて
楽しかった。

あれから46年。我が家の歴史は平々凡々に積み上げてきた。
2011年に夫が倒れてからは平凡ではなくなっが、
年金で何とか生活はできている、ありがたいことだと思う。

まさかの坂あって我が家の歴史なり   タンポポ
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

いくつになっても、娘は娘ですね。
(当たり前か(^^;))
早くにばぁばになったんですね♪
まさかの坂…は、なるべくないほうがいいですよね。
年を取るほど、平穏な道でいたいです。

ハナコおばさん

そうなんですよね。
母親から見れば、70を超えても娘(^^)

孫が出来たのは50歳の時でした。
そんなに早くはないでしょう?

人生には、上り坂下り坂まさかの坂があると
言われますが、我が家はまさかの坂で躓いて
います。ほんと、平穏が一番ですね。