FC2ブログ

ショック

夫宛に「国家公務員共済組合連合会年金部」からハガキが来た。
来月の年金支給のお知らせだと思い、勝手に開けた。
そこには6月から来年4月までの、支払いの明細が記されていた。

何と一年の間に少しづつ下がり、今より34,000円も減ってしまう(/ _ ;)
それにつれ 所得税の納付額も減る。
しかし我が家のように、ほぼ夫の年金だけで生活をしているものには、消費税の値上げの中で、そんなに減額されては堪らない。
我が家には多額の入院費の支払い、という不安材料もある。
今後入院がないという保障はないのだ。
さてどうしたものか…。
それでも夫には、生きていてもらわねば、限りなく五割に近い年金では、生活出来ない。
私の国民年金など、スズメの涙ほどしかないのに、それさえ受給出来なくなる。

若者のみならず、老人にも生きにくい世の中になる。


関連記事

コメント

非公開コメント