FC2ブログ

またしても・・・

またまた夫の病気のことで申し訳ないのですが・・・。
昨年の2月に大動脈の人工血管再置換の手術をして以来、ほとんど声が出なくなっている。
それは日常の生活に、大きく影響している。

     jinnkoukekkan.jpg
↑赤い部分(大動脈)の血管を再置換しました。



何回もの全身麻酔で、左の声帯が反回麻痺を起こした。
昨年12月に、声を戻すべく反回麻痺の手術をしたが駄目だった。
そしてもう一度、9回目になる手術をしたが、やはり駄目だった。

今回、痩せ細った右の声帯に、声帯内注射療法として、牛から採ったアテロコラーゲンを注入した。
声帯がふっくらすれば、声がでる筈だった。
しかし左の声帯麻痺の手術が、不成功に終わり、これはもうここまでが限界と言われている。
その上で最後の手段としての、声帯内注射療法だった。
今日で3日め、何ら変わりがない掠れ声しか出ていない。。
1ヶ月2ヶ月する内に出るようになるならよいが、あまり期待も出来そうにない。
人間らしく普通に言葉を話す、そんな望みがことごとく打ち砕かれる。

命があるだけよしとするべきなのだろうか?
直ぐ傍で話しを聞いても、中々聞き取り難い。
無駄話しをする余裕もない。
普通に会話ができないことの不便さは、考える以上に不便である。
どうしても聞き取れない時は、最終手段としてホワイトボードを使う。
本人が一番不自由で、困っているのは解っているが、私のストレスはたまる。
ただ私のストレスから来る逆流性食道炎は、この状態を受け入れたのか、
慣れたのか、酷かったゲップは、かなり治まり楽になっている。
関連記事

コメント

非公開コメント