FC2ブログ

雲になりたい

川柳を初めて20年あまり、主に発表句を写真やイラストでフォト川柳をアップしたり、ブツブツつぶやきます。

Top Page › ひ・と・り・ご・と › 私は悪妻
2015-09-05 (Sat)  18:04

私は悪妻

夫が倒れて来月で4年になる。
何度か書いてきたが、最初の手術は10時間以上にも及ぶ、大手術であった。
そして、意識障害が長引いた。4~5日と言われていたのに、10日にも及んだ。
もうこのまま意識が、はっきりしないのではないかと、何度も思った。

それでも23日後に、駐車場まで自力で歩いて退院をした。
この間、毎日高速を飛ばして病院に通った。
当時勤めていた職場は、半年任期が残っていた。
正気に戻った時、きちんと勤め上げねばと思ったようで、リハビリも頑張った。

最初に倒れて一年後、今度は街中で倒れ二度目の救急搬送となった(※3度目もあった)
その後、何回も入退院と手術を繰り返し、すっかり衰弱してしまった。

今年の猛暑を何とか乗り切ったが、この身体でいつまで生きられるのだろうと思う。
思うように食事も摂れない身、おまけに胸に穴が開いたまま既に1年2か月経った。
これも塞がることがないらしい。毎日ガーゼ交換をする。
毎日苦しみの中で生かされている。何一つ楽しみのない毎日・・・。

私が先か夫が先かは誰にも判らない。
私が先では、施設に入るより他ないだろうと思うが、町医者で診てもらえない病人を、
受け入れてくれる施設があるかどうか・・・。
そんなことを考えていると、先に逝ってもらわねばという結論になる。
そして夫、亡き後のことを、現実的に考える。

愛着があるからと、痩せて身に合わなくなったスーツを、20着あまりかけてある洋服簞笥、
着物はほとんど処分した和箪笥、整理箪笥一棹、ベッド一つ、二種類の文学全集が並んでいる本棚、
これらを処分しよう。物がありすぎる。


葬儀のことも考える。家族葬が主流になっている昨今だが、夫の場合はそうはいかないだろう。
A社B社C社それぞれの場所を把握してある。

5月に東京で受賞してきた勲章と勲記が、大きな額に入って存在感を示している。
かなり邪魔である。柩のお花の上に、この勲記を入れてやろう。
勲章は金属なので入れられないし、小さいから置き場所も取らない。

こんなことを苦しそうな病人を横目にして、考えているわたしは悪妻以外の何者でもない。

世界三大悪妻と言えば、ソクラテスの妻、モーツファルトの妻、トルストイの妻と言われている。
私だって、このマンションの三大悪妻ならなれるかもしれない。

この2~3年新たに知り合う人のほとんどが、未亡人なのがうらやましい。



ただ夫が逝くと生活が成り立つかどうか不安がある。
頼りの年金が限りなく半額に近いらしい。
いくら気楽な一人暮らしになっても、生活が成り立たねば困る。


その点、私が先に逝っても夫の経済事情は変わらない。
私の年金は雀の涙なので、家計に入れていない。

悩ましいことを考えてみても、ストレスの解消にはならない。
否むしろ、治ることのない病人と、四六時中一緒にいるストレスは増すばかりである。

九回もオペをしてまだ生かされる   タンポポ

関連記事

最終更新日 : 2015-09-05

お疲れ様 * by マリー
ここで愚痴を吐き出して1回リセットしましょう。
頑張って頑張って糸が張り詰めているのかもしれない。
余り張り詰めると切れちゃう。少したるみがないといけない。
少しでも時間が開いたら気分転換をしてみよう。
現実を忘れられるようなことを探してみて。

* by 喜美
我が家も変わりなかったです元気な人が急に心臓やられ76歳でした先生は名医でしたけれど
70歳前半だったら大体直すけれど歳がなあーと言われました 即主人は手術をお願いしました
此のままで4~5年持つと言うのにやらない方が良いと思いましたけれど 彼は私が家の経済のこと何も知らないから先に死ねないと。麻酔の為部屋を出てから13時間子供達と駄目だろうと
思って看護士さんにお聞きすると
駄目な人はこんなに長くないです大丈夫ですと言ってくれて安心したりしました部屋に戻り管が何本ついていたか 其れから8日間は麻酔から戻りませんでした 其れから時々入院しましたけれど10年以上たってなくなりました
人間の見本のような人でした誰からも愛され
最後は朝食後腰が痛いと言って休み昼呼びに行きましたら振り向いただけで即救急車4時に亡くなりましたなにも苦しまずに 私がお勝手意外に何もやっていなかったせい金庫の中に必要な書類全部入っていました 今は少ない年金で生活していますけれど感謝です

書き出して・・・ * by ハナコおばさん
悪妻だなんて、とんでもありません。
ウチも(主人が)この一年で4回手術を受けました。
わりと軽いものでしたが。
そのうちの1つはガンでしたが、発見が早かったので、ほぼ完治のようです。
でも、入院している間、私もタンポポさんと同じこと考えました。
葬儀のこと、生活のこと等々。
それは当たり前のことかと・・・・。
でも、まだ起きてない、とり越し苦労はやめようと思いました。。
何とかなるッ、何とか乗り越えるッ、と、自分に言い聞かせて。。。
ワタシ以上のご苦労を背負っておられるのですから、お辛いと思います。
心の内を書き出してくださいね。

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

お疲れ様

ここで愚痴を吐き出して1回リセットしましょう。
頑張って頑張って糸が張り詰めているのかもしれない。
余り張り詰めると切れちゃう。少したるみがないといけない。
少しでも時間が開いたら気分転換をしてみよう。
現実を忘れられるようなことを探してみて。
2015-09-05-21:06 * マリー [ 編集 * 投稿 ]

我が家も変わりなかったです元気な人が急に心臓やられ76歳でした先生は名医でしたけれど
70歳前半だったら大体直すけれど歳がなあーと言われました 即主人は手術をお願いしました
此のままで4~5年持つと言うのにやらない方が良いと思いましたけれど 彼は私が家の経済のこと何も知らないから先に死ねないと。麻酔の為部屋を出てから13時間子供達と駄目だろうと
思って看護士さんにお聞きすると
駄目な人はこんなに長くないです大丈夫ですと言ってくれて安心したりしました部屋に戻り管が何本ついていたか 其れから8日間は麻酔から戻りませんでした 其れから時々入院しましたけれど10年以上たってなくなりました
人間の見本のような人でした誰からも愛され
最後は朝食後腰が痛いと言って休み昼呼びに行きましたら振り向いただけで即救急車4時に亡くなりましたなにも苦しまずに 私がお勝手意外に何もやっていなかったせい金庫の中に必要な書類全部入っていました 今は少ない年金で生活していますけれど感謝です
2015-09-06-06:23 * 喜美 [ 編集 * 投稿 ]

書き出して・・・

悪妻だなんて、とんでもありません。
ウチも(主人が)この一年で4回手術を受けました。
わりと軽いものでしたが。
そのうちの1つはガンでしたが、発見が早かったので、ほぼ完治のようです。
でも、入院している間、私もタンポポさんと同じこと考えました。
葬儀のこと、生活のこと等々。
それは当たり前のことかと・・・・。
でも、まだ起きてない、とり越し苦労はやめようと思いました。。
何とかなるッ、何とか乗り越えるッ、と、自分に言い聞かせて。。。
ワタシ以上のご苦労を背負っておられるのですから、お辛いと思います。
心の内を書き出してくださいね。
2015-09-06-16:14 * ハナコおばさん [ 編集 * 投稿 ]