FC2ブログ

限りある命

関東に住む川柳仲間が、ブログ上で癌を公表した。
胃癌だと思っていたのが膵臓癌と発覚、すでにあちこちに転移していて
余命3ヶ月だと言う。
抗癌剤治療や放射線治療をしても余命は半年だそうで、延命治療をせずに
楽しく暮らしたいと本人の希望。
とはいうものの、きっと強烈な痛みにも襲われるだろう。
恐らく最後まで楽しくとは行かないと思う。
どうぞ貴方らしくその時を迎えて・・・としか言えない。


膵臓癌は怖い。
約40年前、出向先から公務員宿舎に引っ越しをした際、階段の方々に
挨拶に伺った。お母さんが入院中のお家が一軒あった。
入院したのが3月末と聞いた。そして亡くなったのが7月だった。

長女と同い年の女の子がいて、すぐ仲良くなり毎日一緒に遊んでいた。
そしてその日は、幼稚園の七夕発表会の日にやって来た。
ケータイのない時代、幼稚園に連絡が入ったのだろう。
お父さんが急いで、出て行くのが見えた。

一度もお顔を拝見することもなく、お声を聞くこともなく逝ってしまわれた。
たしか35歳だったと思う。

35歳になったとき、何かあるのではないかと不安で怖かった。
大きな宿舎だったので、住んでいた間に何人ものお母さんが亡くなられた。
まだ小さな子どもを残して、逝かなければならないお母さんたちの気持ちは
如何ばかりだっただろう。


仮に今、私が死ぬことになれば、一番の心配は病身の夫である。
40歳を超えた娘たちに心配はない。

少し涼しくなったら、その時に備えて断捨離をせねば・・・。
関連記事

コメント

非公開コメント

お若いのに

いくらなんでも35歳は若過ぎよね。
でも、どうにもならない、悔しさね。

本来、男性より女性のほうが長生きなのに、先に逝くとは
想像を絶する、心労の歳月だったのか、と思わずにいられません。

終活も断捨離も、急に急ぐのではなく、じっくり見極めの作業と思いました。

風香さん

今時の35歳はお嫁に行っていない人も多いですね。
ほんと若すぎます。
この宿舎では、30代で亡くなった方が多かったです。
一度もお目にかからず仕舞いでしたが、とても辛い
お葬式でした。
親よりも先に逝ってはダメですね。
もちろん小さな子どもを残して逝くのも・・・。