FC2ブログ

おしゃべりとランチ

さて今日のお相手は、27年前、入院していた婦人科の病室で、
知り合った友人2人である。
自慢出来ることではないが、私は40歳50歳60歳と入院と
手術の経験がある。

この時の、私の病名は卵巣嚢腫、右卵巣が腫れて切除した。
大学病院の8人の大部屋だった。
婦人科病棟では、色んな病気で入院治療している人たちが
あった。中でも子宮癌の人が多かった。
今日ランチをした友人も1人は子宮癌だったが、27年経った
今も元気でいる。
そしてもう1人は、胞状奇胎で5ヶ月入院していた。
2人とも元気で久しぶりに会って、色々おしゃべりしランチを
した。
年齢は私が最年長
その当時、入院していた癌の治療をしていた人の多くは、逝ってしまった。
やはり癌は怖い病気である。
いったんよくなり仕事を再開したのに、20年後に亡くなった人もある。

入院時の思い出や亡くなった方の思い出、当時の医師や看護師等、
話し出したら止まらない。そりゃそうだ女3人だもの

夫に限ったことではないと思うが、500日も入退院を繰り返しても、誰一人として
親しくなった方はいない。
どの方もだいたいカーテンを閉めて、自分の世界にこもっている。
プライドなのか何なのか、ほとんど話しをすることもない。

そこへいくと女性はオープンで何かと話しかけ、溶け込もうと努力する。
起きている間、誰彼なく喋っている。
住所や電話番号メルアドの交換をするのだ。
だからこうして、20年以上も前に知り合った人と、付き合うことが出来る。


久々にあってそれぞれによく喋り、ランチを食べてまた喋って、仕上げにお茶を
しながらまたまた喋って・・・。
喋りっぱなしの5時間で楽しかった
関連記事

コメント

非公開コメント