FC2ブログ

父のお通夜・告別式

103歳で逝った父は、22日のブログにアップしたように、18日からゼリー食も摂れなくなり点滴をしていた。


危篤の連絡が入るまで病院へ行かなかった兄は、19日に何かの拍子に転んで脇腹を骨折したと言う。
それみたことか、罰が当たったとしか思えない。18日に病院へいっていれば、骨折はしなかったと思う。
単なる偶然かも知れない。しかしそういう風にしか取れない、我々の関係なのだ。

我が家の近辺にも家族葬専門のセレモニーホールが次々と出来ているが、私自身、家族葬に参列したのは初めてだった。

2FullSizeRender
お通夜には隣保の方がお参りに来て下さったが、葬儀は本当に身内と昔からのお隣のみだった。
男兄弟ばかりの父の兄弟は、長男以外は入り婿となった。
その兄達もとっくに亡くなっているし、実家の甥も亡くなった。
父方からは甥の娘婿、姪の息子、姪の3人の参列である。

柩の中を見ると、父が昔丹精込めて育てた牛を、品評会に出した時の写真があった。
誰が気づいたのか、(兄だろう)入れて貰えてよかったと思った。


亡骸は控室のガラスの向こうにあり、三姉妹と義兄はそこで泊まった。

本来なら喪主である兄は、亡骸に一晩付き添わねばならないと思う。
骨折の影響でそれが無理なら、嫁か息子を残すべきであろう。
兄嫁も体調が悪いのは知っている。
誰であれ喪主である兄の一家の誰かが付き添う、それが供養だと思うし。
また年老いた父にしたことを悔いる、恥じる、或いは謝罪の気持ちを持って付き添って欲しかった。
それなのに、我々に任せてさっさと帰った。

それはそれで、三姉妹は通夜だというのに、遠慮もなく笑ってばかりいた。
大好きだった甘いものを供えようと、スーパーに走った。
あんぱん・どら焼き・プリンを買ってきて供える。
翌朝も煙草を供えようと、またスーパーへ走った。


施設から介護タクシーで来た車いすの母は、一番最近会った昨年9月より、ずいぶん目がしっかりしていた。
母に「誰におじいちゃんが死んだって聞いたの?」と訊いた。
すると「施設の館内放送で、お悔やみを申し上げますと、云うので聞いていたらおじいちゃんだった」

普段の母ならさっき聞いたことも忘れるのに、前日のことを覚えていたのにはびっくりした。
刺激があるというは、脳が活性化されるのだとつくづく思った。
関連記事

コメント

非公開コメント