FC2ブログ

耳鼻咽喉科受診

41sukima.gif近いうちに手術予定のある「反回麻痺」の主治医の受診をした。
当ブログにも何度か書いているが、関係のない方には何だか解らないと思う。
右図は夫と同じ症状で、左の声帯が麻痺している。
本来閉じていなければならない声帯が、何度もの長時間の全身麻酔で開いたままになっていることで、酸素を取り込んで声を出すことが困難になっている。全く声が出ないわけではない。

今日の受診のさい、術前術後の声の出方を調べるために、マイクを持って「あ~~」と声を出した。
71歳の男性の平均は15秒間、声が出るらしいが夫はわずか3秒しか続かない。最低5秒出ないと声紋が記録できない。
試しに私も帰ってきてから測ってみたが、18秒ぐらいは続く。
手術は10秒ぐらい出るようにするという。
声帯のある辺りを切り軟骨に穴を開け、鼻からファイバースコープを入れて声を出しながら調整するらしい。
術中、声を出しながらなので局部麻酔になる。

手術は1か月後の12月26日、入院は前日の25日。
そして退院は29日か30日だという。
一人で入退院が出来るならいいが、そうもいかないのに・・・。
ここまで来たら、慌てて年末の気忙しい時にすることはないと思う。
12月の手術までに、一度退院しても病人では何の当てにもならない。

当初から、年内に二つの手術をする予定ではあったが、ワイヤーを抜く手術が遅れたので、私は内心次の手術は年が明けてからだろうと思っていた。
今日最初に医師から示されたのは、年明けの9日だった。
私はその方がいいと思った。

まだ胸の切傷からは、膿が出ている状態で閉じていない。
はたして1か月後に手術の出来る状態になっているのやら?

肝心なところは、私の意見を聞かないのだ。
振り回されて今年も終わるらしい・・・

いつになったら私のペースで、生活が出来るようになるのだろう。
もうそんな日は、来ないのかも知れない

関連記事

コメント

非公開コメント

No title

> 何度もの長時間の全身麻酔で開いたままになっていることで、
>酸素を取り込んで声を出すことが困難になっている。

そうなのですか?
確かに、全身麻酔は気道へのリスクが高いですが、
そのようなこともあり、ですか。。。

タンポポさんの気持ちも一進一退では、お辛いですね。

風香さん

最初の手術の時も2か月ぐらい、声が出難かったのです。
またその後の術後も、3~4日出難かったですね。
そして2月の手術では、とうとう殆ど出なくなり戻りませんでした。
片方が麻痺していることで、声を出すと一気に出てしまうようです。
声が出ないのはお互いにストレスになりますが、7か月過ごしてきて今更急いでしなくてもと思うのです。