FC2ブログ

ホウレンソウ

今日は休息日・・・。
返コメが出来ていませんがお許しを・・・

19日の術後、主治医が病室にきて説明を受けた。
夫は手術室から出てきたとき、麻酔が一瞬覚めたように見えたがまた眠っていた。
主治医からは、やはり11年10月の手術時、胸骨を開いて止めてあったワイヤーの周りが化膿していたと聞いた。
胸の穴は敢えて閉じていない、体内から悪いものが出きってから電気?レーザー?を当てると聞いた。
そして6時過ぎに水を飲んでむせたりしなければ、夕食もOKとのことだった。
6時過ぎに看護師に「勝手に水を飲ませては駄目ですか?」ときいた。
すると吸い飲みを持ってきて「ゴクンと飲んでは駄目ですよ、湿らす程度にね・・・」
私「(?_?)」

配膳車が来ても夫の食事がこない。この時はもう少ししたら出てくるものと思って帰ってきた。

昨日お昼過ぎに行き「食事は食べられた?」と聞くと「昼は食べた・・・」

夫によると19日の夕食は出なかった。そして20日の朝食も出なかった
19日の夜10時ごろあまりにもお腹が空いたので、看護師に「何か買ってきて欲しい」と頼んだそうだ。
するとメロンパンを1個買ってきた。いくら病人とはいえそれはないだろう。
18日の夕食以来、28時間ほど食べていないのだ。
そして20日、やっぱり出てこない朝食。
さすがに「儂の食事はどうなっているのか?」と催促したらしい。
データーは全てPCに入力されている。確認した看護師は「食事はストップしています・・・」

生理食塩水と抗生剤の点滴はしているが、お腹の足しになるものではない。
ただでさえ体重が減って、入院の朝は48キロ代だったのに・・・。
こん睡状態で食べられないのなら仕方がない。
容量の少なくなった胃は、お腹が空きすぎても具合が悪いのだ。

催促の甲斐があって10時頃、遅い朝食が出てきたという。

職場に絶対不可欠な「ホーレンソウ」はどうなっているのだろう?
去年の夏もこの「ホーレンソウ」でと思ったことがあった。

クレーマーと思われるのを承知の上で、一度看護師長に質してみたいと思う。
何も好き好んで、7回も8回も手術を受けているのではないのだ

何度も入院を繰り返していると、嫌でもスタッフの対応の拙さが目についてしまう。

何度も救われた命の現場であるのは承知している。
だからこそ、今回の件は納得がいかない。

「単純なミスでした」では、命の現場は務まらない。

関連記事

コメント

非公開コメント

No title

手術、無事に済みましたか。
でも、食事のことはひどいですね!!
絶食ならきちんと説明するべきだし、メロンパンは、論外!
唖然としますね。
やはり、きちんというべきです。
私も夫の入院中、あまりに説明がなく、看護師に問い、先生と話をする時間をとってもらいました。
納得できないと、不信感にかわりますから。

お大事にしてくださいね。

hakka さん

連休が明けたら質してみたいと思っています。
夫は何も言ってないのですよ、何だかね~
ホウレンソウは大事ですよね。