FC2ブログ

行きたい場所

両親の面会に行ったら立ち寄りたいと思いながら行けない場所のひとつに「薫陶の郷」がある。
もとは普通の民家でした。aozora@の同級生が住んでいました。

aozora@が小学生の時、故郷は、この「薫陶の郷」のある村と合併しその後、町になりました。町には元の村にあった2つの小学校と中学校があり、中学校は年に1回合同の運動会が行われました。その合同運動会のお陰でたくさんの友人が出来ました。このおうちに住んでいた郷さんともNさんMさんの紹介で知り合いになったのです。

お父さんはaozora@が通っていた小学校の先生をしておられたのですが、aozora@の印象は「色の黒いガラガラ声の先生」でした。
その娘さんはとても色白で、農家の娘のaozora@からみるととても「お嬢さん」でした。

高校を卒業後は交流が途絶えました。aozora@はNさんとは交流があったので、彼女を通じ消息を聞いていましたが、そのNさんも不幸な亡くなり方をし、今は一切情報は入りません。

阪神淡路大震災の時、お姉さん夫婦が神戸で亡くなりその後、御両親もお亡くなりになったと聞いています。
この亡くなったお姉さんは、いつも一緒に行く姉と高校の同級生、そんないきさつがあり2人で機会を狙っているのです。予約のみですのでメインを「薫陶の郷」にして、ひとつ手前のインターで降り、面会をサブにしないといけません。そんなわけで、なかなか元、郷さんのお屋敷に伺えません。

aozora@は友人と淡路に行ったとき近くで宿泊し、その時予約の受付のみと聞き、とても残念な思いをしました。

平成の大合併で、西淡町・三原町・南淡町・緑町の4町が合併し、現在は「南あわじ市」になりました。

ふるさとが平仮名になりこそばゆい    K


   IMG_4481.jpg

  《ムラサキエノコロ?》


関連記事

コメント

非公開コメント