FC2ブログ

6回目の入院が

来週18日入院、19日手術と決まった。

過去5回の入院はすべて緊急入院であり、今回初めて予約入院となる。
最初の手術で胸骨を開き、ワイヤーで縛ってある。
7月の初めから、胸に開いた穴が塞がらないため、そのワイヤーを抜く手術をする。
ワイヤーを抜くだけなら簡単らしいが、夫は食道再建胃管胸骨前手術という面倒な手術をしているため、かなり厄介な手術になる。皮膚のすぐ下にある食道を、傷付けずにワイヤーを抜かねばならない。

そして後日、喉の反回麻痺の手術もする。
これも声が100%戻るというものではなく、50%戻ればいいという程度である。
ただ食べ物が、飲み込み易くはなるようだ。

3年振りにお正月は自宅で迎えたいという、夫の希望は叶えられそうである。
もっともこれは成功すれば・・・の話しである。

関連記事

コメント

非公開コメント

ため息

タンポポさんの ご説明を読ませていただいても
大変手術と思いました。

ご本人も辛いでしょう。
言葉がありません・・・・。

ごめんね

毎日大変なご苦労をしていらっしゃるのに私は能天気でごめんなさい。

私にも言えない苦労があるけれど...

私にないものをタンポポさんは持っていらっしゃる。

持っているものに感謝して少しでも明るいほうへ目を向けて。

祈ってます

またもや大変な手術。
成功して、無事、ご自宅でお正月が迎えられますように!
私は祈る事しかできません。

風香さん

結婚して間もなく45年、のほほんと暮らしてきましたが、
ここにきて「こんなはずじゃなかった・・・」でも夫の方が、もっとそう思っていますね(>_<)

マリーさん

あやまっていただくことじゃありませんよ~
健康な人が突然なる病気そして感染症・・・。
予想外の老後ですが、6回も手術しても命があるのは、
神様から見放されていないのですね。

SOYOKAZEさん

私の寿命も縮みそうです。

去年4月の手術後、9月に退院する時、外科の医師が「あの状態から退院にこぎつけたのは奇跡だ」と言いました。

No title

又また大変な手術ですね
貴女が居れば出来る事です
大丈夫 医者を信じて旦那様見守ってあげてください
貴女以上にご主人は周りに感謝しながら
皆のために生き延びる覚悟ですもの
お正月は明るく迎えられることを祈ります

祈ってます

手術の成功を祈っています。
タンポポさんのご苦労とは比べものになりませんが、私の主人の手術の時、麻酔がさめきらない状態で戻って来たとき、何やらブツブツ言ってました。
口元に耳を当てて聴きましたら「お前がいてよかった」と、声にならないような声でつぶやいていました。
タンポポさんが頼りだと思います。

喜美さん

こんなに何度も手術をして苦しい思いをすることに、意味があるのかなと思うことがあります。
100%安全な手術なんてありませんからねえ。

ハナコおばさん

年金生活で、こう入院ばかりしては堪りません。
医療保険に入っていないし、癌ではないし・・・(-_-;)