FC2ブログ

長寿の両親


昨日、部屋に入ると先月103歳の誕生日を迎えた父に、職員さん手作りのバースディカードが壁に貼ってあった。
今の父には、自分の年も誕生日も解らない。

8年前、特養に入所した時、住所氏名生年月日を書いて若い職員さんに”スゴイ!”と拍手をしてもらった。
この時も、すでに認知症を発症していて、ゆっくりゆっくり進んでいた。
100歳の時は”100歳になったよ”と言うと”えらい長生きしとるのう”と言った。
今は耳もほとんど聞こえていないので、会話もかなり困難である。

母は昨日、叔母をみて”歳とったなあ”と言った。
自分の歳を、この時点で間違えていて90歳だと言った。
叔母が”私が88歳で姉ちゃんは92歳やで”と言うと、しばらく考えて”そうだったかいな、この頃呆けてるねん”

10年後、20年後の自分が、どうなっているのか怖くて仕方がない。
もっともその時、生きていればの話ではある。

  @R0019476.jpg
 
  午後5時ゴロの《明石海峡大橋》上り線SAから。

  @R0019482.jpg

  同じく5時ごろの《下り線のSAにある観覧車》上り線からみたもの。
関連記事

コメント

非公開コメント

時間

ご両親には昔、自分が元気な時のままの記憶の世界かもしれませんね。

瀬戸内海の穏やかな風景を見ていると、時間が止まったみたいね。
10年、20年後の自分は、当の自分さえわかりません。
タンポポさんのご両親も当時はそうだったかも。

それは私の場合も、私の実家の母も同じです。

私は短命かな?

長生きの家系なんですね。
少し呆けてしまっても、介護施設なら、職員の方は
プロなので、家族に無理させることも無く、ご本人は
昔に帰って面倒な事も、悩みもなく穏やかに暮らせて
傍から見ると、辛いものもあるでしょうが、ご本人は
お幸せかも?

私は短命な家系のようです。

No title

今はよい施設があるから安心ですね
ご両親は昔の思い出で生きていらっしゃると思います
私はそこまで長生きでなくていいから
自分の事出来る迄いきたいと思いますけれど
此れだけはなりたくてなる人はないし
寿命ですものね

風香さん

そうですね。
持病があるので、長生きは出来ないと思っていますが、今の医療では意外と長生きをするかも・・・。
夫を見ていると、人間の命は手ごわい?ものだと思います(^_^;)

SOYOKAZEさん

こればっかりは、終えてからでないと解りませんね。
父の兄達も、甥も癌でなくなりました。
癌の家系ですが、父には103歳の今もありません。
母は自分の生まれた家で、辛い思いをしてきたので、今は幸せだと思っています。私達はいつ両親が逝っても、悔いはないねと、姉妹で話しています。

喜美さん

私の両親の場合は、市が老人虐待と受け止めてくれたことで、施設に入ることが出来ました。
そして病院に移るのも、すべて市が手配してくれました。
あのまま家にいたら、とっくに両親は亡くなっていたと思います。
母には施設に入所と共に認知症というおまけがついてしまいましたが・・・。