FC2ブログ

淡路島

松竹芸能の芸人さんのますだおかだの増田さんが淡路島と言う歌を歌っています。
興味のある方は《増田政夫淡路島》で検索すれば聴けます。

お父さんが、慶野の松原というきれいな海のある町の出身だそうです。
子どもの頃泳げなかった増田さんにとって、おばあちゃんしかいない、つまらない田舎だったようです。
そんなつまらない田舎が、大人になってみて感じ方が変わり、お父さんの思い出とともにこの歌が出来たのだそうです。



もう何年も実家へ、出入りもしなくなりましたが「故郷っていいな」と思うようになったのは最近のことです。
私も、高校を卒業したら何が何でも、島を出ようと思っていました。そして島を出て50年近く経ちました。
故郷は遠くにありて思うもの・・・よく言えていると今更ながら思うのです。


『淡路島』 作詞・作曲 ますだおかだ増田

親父の車で渡った明石海峡
まだ橋もなく船の旅
朝陽で照らされ消えてく神戸の夜景に
子供のくせにせつなくなった
海辺を走り
五色浜に寝そべり
魚釣る親父の背中に大きさを
ここは淡路島
親父を生んだ街
神戸からこぼれた涙の形

浴衣に着替えておどける洲本の旅館の
写真の俺は幼くて
親父とぶつかることなど知るよしもなく
酒飲みかわすこともないまま
窓から吹き込む玉葱の香りも
夕陽に照らされたいぶしの瓦にも
ここは淡路島
親父が眠る街
神戸からこぼれた涙の形

橋から眺める神戸の夜景も
六甲の山のイカリの灯にも
さらば淡路島
親父を想う街
神戸からこぼれた涙の形

俺の目から溢れる涙のように…かぁ〜


桂文枝さん20高速料金Ver歌詞もいいですし、歌も上手ですが、あまり売れなかったようです。
これは2008年発売ですから6年前ですね。

今淡路島は、6代目桂文枝さんが淡路島観光大使として「淡路島へいらっしゃ~い!」とアピールしています。
増田さんの歌も、今年ならもっと売れたかも
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

ご当地ソングですか?

曲はわかりませんが、歌詞はせつないですね。
親が逝って初めて知る親への想いがずっしりです。

誰も多少は経験する苦い想いかなぁ。
後悔した時親は無し、って言いますものね。

良い歌詞ですね

歌は聞いたことが無いけれど 想うことを歌った詩が共感を呼びます
連絡橋が無い頃 フェリーで渡った時は まだ素朴な島 涙の形の島でした
ツアーでは南の方のリゾートホテルに2度宿泊
様変わりしていました
琵琶湖にすつぽり収まる島ですね
そして神話に登場するオノコロ島!

しんみり

何だか歌詞を読んでいたらしんみりしちゃった。
息子も家の前通ったのに親父に彼女紹介しなかった。
一緒に酒も飲まなかった。
今、とても心残りだって言いました。
ここからじゃ通勤で人生無駄使いしちゃうと都区内に暮らすけれど、息子の気持ちってみんな同じなのかもしれませんね?

関西の人は・・・

こんばんは。

関西人は、どこかで一度は聞いているでしょうね。
なかなか上手なので驚きました。

明石海峡に橋がかかるまでは、よく淡路島へも行きましたが、本四架橋が出来てからは、通過することが多くなりました。

一度は、淡路ビーフを味わいたいと思っています。

風香さん

ご当地ソングとは別ですね。
この芸人さん自作自演の歌です。
なかなかいい声です。

そうそうお父さんを亡くして身近になった淡路島という思いが溢れています。

のびたさん

おのころ神社という神社があります。
橋が架かって、通り道になってしまいましたが、新しい名所?も出来て、昔とは違う島になりました。
知らないところがいっぱいです。

SOYOKAZEさん

風香さんのコメントにもありますが、父親と息子ってそんなものでしょうね。

トラさん

聴いていると思いますね。
いろんな才能があるようですね。
淡路ビーフもいいですが、今の時期ウニもおいしいです。
橋が架かって人を呼ぼうと、色々新名所が出来て、知らないところがいっぱいです。

No title

たんぽぽさん  コメントありがとうございます。
淡路島出身なんですか?
素敵なうたですね~~♪
歌詞が素敵です。~~♪

みのりさん

ハイ、島っこです(^_^;)

なかなかいい声ですよね。
CD出すのが今だったら、もう少し売れたんじゃないかなと思います。