FC2ブログ

定期受診

6月の受診は、1人で行くと言うので一度も付いて行かなかった。

胸の傷が痛いと言い始めた後、感染症内科を受診したのに、申告をしなかった。
医者でも看護師でもない古女房に訴えても、どうにもならないことが解っているのかいないのか?
願わくば、一人で行ってほしいところだが、そんなこともあって昨日は、一緒に病院へ走った

先日来の胸の傷は、胃潰瘍・・・でしょうとのこと心臓血管の専門外とはいえ全く的外れなことは言わないだろう。
でも胃潰瘍が皮膚の表面に出てくる??

昔、私の祖父が胃潰瘍の手術をして、胃を半分だか三分の二取りました。
夫には、もう三分の一しか胃がありません。
さすがにこれを切ることはないと思うが、表面に出てくることが素人には理解できない。
夫の訴える症状が胃潰瘍そのものの症状のようなので、昨年の《食道再生胃管胸骨前手術》をした外科の執刀医に相談するするとのことで胃酸を抑える薬を増やして帰って来ました。
一番恐れている感染症ではなかったことに、少しホッとしたものの、次々と難題を突き付けられてまいってしまう。
蒸し暑さとこれらのことで、今日は朝から体がだるい。
関連記事

コメント

非公開コメント

医者との相性・・・

こんばんは。
病院通いも大変ですね。
医者や看護師には言わないって、お医者さんとの相性は良いのでしょうか?

セカンドオピニオンも必要だと、よく聞きますね。

私は今のところ元気なんですが、いつ何時、お世話になるかもしれません。
病院選びも難しいですね

後悔しないために

医師の診断が本来信用のおけるものです
しかし 多少でも不信の念があれば もしものときに後悔しないために セカンドオピニオンも選択の一つとも思います

トラさん」

おはようございます。
相性の問題ではないのですよ。
感染症に対しての認識の甘さです。


病院選びも何も在職中に倒れ、、その時の様子から救急隊員の判断で、高度の医療設備があり、移転オープンして間もないここに搬送されました。

ここに搬送され緊急のオペで、最初は命を取り留めました。

のびたさん

不信感は持ってないのですが、こういう胃潰瘍もあるようです。
とにかく普通の身体ではありませんから・・・。