FC2ブログ

両親の近況

父が病院併設のケアハウスへ、母は県立病院からリハビリの病院へそれぞれ移った。
今日は両親の、新しい生活の場となった所へ、姉と行ってきた。どちらもなかなかいい感じで安心した。

父は珍しく何やら歌を歌ってご機嫌であった。母も新しい病院で気分一新である。母のリハビリ病院は生家に近い。
追い出された家だが、近付いたのが嬉しいらしい。
しっかりリハビリをして、老人車を押して歩けるようにならないとホームへ戻れないよと、叱咤激励する。




行きの阪神高速で被災地へ向けて走る車を10台見た。それを見ていた姉から、息子が昨日朝被災地へ向けて出発したと聞かされた。派遣先はまだ不明だと言う。原発の所じゃなければいいのに・・・と。
この甥っこは、今年45歳になる。民間会社から転職し、現在は神戸市の消防局勤務である。
阪神大震災の時は、被害の大きかった東灘消防署で夜勤中であった。10日ほど自宅に戻れなかった。
その後数年して、現場場には出なくなっていたが、今回は久しぶりの現場出動である。
身勝手だが、原発の事故現場から遠い所で仕事をして欲しいと思う。

  IMG_1821.jpg

   大好きな《ハナカンザシ》


関連記事

コメント

非公開コメント