FC2ブログ

転院

夫は7年間お世話になったこちらから、自宅に近いこちらへこの度、転院しました。
あちらでは何度も命を救っていただき、500日もの入院をしましたが、現状より
良くはならないことで、通院の負担を減らすべく転院したのです。
細かいことを言えば、通院にかかる交通費も全然違ってきますし、何より体への
負担が違います。
死ぬまでこの病気と闘わねばならぬ身で、この先もっと年齢を重ねることを
考慮したのです。
転院先は電車で3駅と近いのです。帰りは散歩を兼ねて徒歩で帰って来ることも
しばしばです。
おそらく7年前自宅で倒れていたら、ここへ救急搬送されていたでしょう。
ここは30年余り前、人口鼓膜の手術をした病院でもあります。

昨日は、各種検査と心臓血管外科・腎臓内科の2科受診でした。
朝から出かけ、検査のため昼食抜きで診察が終わったのが、5時過ぎだった
ようで、お腹を空かせたままでした。
診察が終わったと連絡があり、迎えに行きました。
当初の予定では、処方箋FAXを送った調剤薬局へ薬を受け取りに行く
つもりでしたが、空腹でフラフラしているのを見かねて、自宅に戻りました。

何分にも1/3しかない胃は、一度に食べられる量が少なく食事を一度
抜くことは体力的に無理があります。
またお腹が空きすぎても食べられないのです。

厄介な病人ですがいなくなったら困ります。
この年になると、どちらが先に逝くかは解りませんが、
病気と向き合っていくしかありません。
万が一、また入院をしなければならなくなった場合も、ここなら
私の負担が軽くなります。