FC2ブログ

誕生日

今日は次女の45歳の誕生日。
45年前の今日、夫は九州へ出張中でいなかった。
母が4~5日前から来ていて、「予定日も過ぎているし、もう産んでも大丈夫や。
病院へ行っておいで」と言われ、長女を母に預けてクリニックへ行った。
25歳と4ヵ月だった。
母も若かった。51歳で次女が8人目の孫だった。

当時はまだ、お腹の子の性別など判別出来ない時代だった。
長女を出産したのと同じクリニックで、出産した。
人工で陣痛を起こすため、何本も注射をした。
私より少し早く出産した人が、同じ官舎にいて、一本?千円(金額は忘れた)の
注射をしたと聞いていたので、少々ビビった。
何とか無事に出産をし、出張から戻った夫にも抱っこされた。
長女は2歳9か月でお姉ちゃんになり、私はお姉ちゃんなんだから!!っと
いう感じだった。あれから45年なんだね。早い早い。


年頃になり、結婚するつもりだった彼が、スキルス性胃がんで亡くなるという
アクシデントがここあったが、その後出会った婿さんと結婚し、明日は16回目?の
結婚記念日。結婚後すぐアメリカへ渡り2年を過ごした。

結婚式では、友人からアメリカ国籍の子どもを産んでこいよ!と言って送り出してもらったが、
言葉も十分でないアメリカでの暮らしで、二人にはその気はなかった。
長女と孫と3人で行ったとき、何とか生活をしているのをみて、安心したものだった。
おかしかったのは、アメリカでの生活でありながらも、玄関を入ったところの
小さなスペースで靴を脱いでいた。
私たちは靴を脱がないと落ち着かないねん。でもね、業者さんとかが何かの用で来たら
ずかずかと土足で入ってくるよと言っていた。
われわれも郷にいって靴を脱いだものだ。

帰国して暫く京都に住み、長男を授かり今は埼玉で暮らしている。
埼玉に行って長女を授かった。
誰も頼るところのない地での生活は、大変だろう。
そして20年前、辛い思いをした分、幸せでいて欲しいと思う。
歳の割に子どもが小さいので、どうか元気でいてほしいと願っている。

朝おめでとうとLINEを送ると、おおきに。四捨五入すると五〇歳だわ。
アハハと返って来た。

タクシー

昨日は歯科の6か月検診で、無事要治療の箇所はなくてほっとする。
ここ何年か歯科衛生士さんどまりで、治療をしていない。

そして今日は眼科検診。
糖尿があるので、こまめに検診を受けている。
今日は散瞳検査だったので、車では行けず、電車で行ってきた。
散瞳のため、めぐすりを4回も入れたので、診察が終わって
建物の外へでると、サングラスも役に立たないほど眩しかった。

歯科が入っている医療ビルの前のスーパーで少し買い物をして、
休憩する。
今はどこのスーパーにも休憩場所があって便利だ。
窓際に座ってちょっと先の、タクシー乗り場を眺めていた。
眩しいので、タクシーで帰るつもりだった。
ところがそろそろ帰ろうかと思った時、タクシーが一台もいなくなった。

待っているとなかなか来ない。電話を掛けようかと思いながら
待っていたら、今度は何台も続けてやってきた。
荷物を持って乗り場に行き、待っていた一台に乗った。
乗ってドアを見ると、「クレジットカードは使えません」とある。
そうだった、このAタクシーは今どき珍しくカードが使えないのだ。

「カードが使えないって珍しいですね~」と皮肉半分で言うと
「この辺りでカードが使えないのはうちだけです」と自信たっぷりにいう。
阪神電車の駅前なのに、ここはこのAタクシーが多いのだ。

Aタクシーさん早くキャッシュレス対応お願いしますよ。

ヒマワリ

   かずおひまわり


    ヒマワリが綺麗に咲いていて暑い   タンポポ

届きました

朝遅く起きてきて、まだパジャマのままでいる時、チャイムが鳴った。
宅配便だった。
着替えて食事を摂っている夫が出た。
心当たりがないなと思っていたらここから表彰状と賞品そして入選句集が届いた。

今回の投句総数は528句。大会賞以下40句が入選であった。

  @R0024450@.jpg



@R0024452@.jpg

大会の規模は大きいとは言えないが、入選したのはやはり嬉しい。
来年も応募しようかな?と言う気にさせてくれる。


救急車

救急車命

        イラストは無料素材屋さんからお借りしました。


   救急車の中で命の音がする   タンポポ


   救急車の窓から見えた葬儀場   タンポポ

旧作です。この句はH13年4月25日、3月から発熱のため入院中の夫が、
外泊中に大量の吐血をしここ救急車で、病院に搬送されたときに詠んだ句です。
病院に向かう途中覚悟をしたものです。
この後、大手術をしとても生きにくい体にはなりましたが、
5年経った今も元気ではありませんが、何とか生きています。

窓ガラス

ずっと窓ガラスが汚れているのが、気になっていた。
拭かなきゃ拭かなきゃと思いながら、暑さに負けて汚れたままにしていた。
そして次女がお盆に帰って来た。
余程汚かったのだろう。それは私が一番判っている。

ある日、「今日はT(孫娘)とガラスを拭くから、用意しておいて」と言ったので、
雑巾とワイパーを、出しておいた。
ベランダ側の6枚をきれいに拭いてくれて助かった。

なのに先日の台風で、また少し汚れてしまった。
今ならサッと吹けばきっときれいになる。でも暑くて嫌だ。
少し涼しくなったら、よっこらしょと重い腰をあげようかな。

入選句

oohasi 2

               イラストは無料素材屋さんからお借りしました。



         旅に出る夢をみている熱帯魚   タンポポ


今日発表と表彰予定だったこれが今週の月曜日に、早々と台風接近に伴い中止が決定となった。
主催者から出席の可否を問われた時点で、欠席の返事をしてあったので良かった。
っということで、今回の入選句です。

とある信用金庫の主催ですが、後日HPにアップされます、
本名が明るみになるので、どこの信用金庫か公表できません。

お地蔵様

ojizousan.jpg

     お地蔵様少しお散歩しませんか   タンポポ

イラストは無料素材屋さんからお借りしました。

台風はまた大きな爪痕を残しました。
皆様の所は大丈夫でしたか?
昨夜は雨より、窓を叩く風の音で寝付けませんでした。
市内ではマンションの屋根が飛んだり、また明石海峡大橋では
トラックが横転していました。
そして淡路島の震災記念公園の風力発電の風車が
根元から倒れました。

家族葬

昨日の義兄の葬儀は、家族葬だった。
兄弟も残っているのは2人だけ。
2人の息子のうち、1人は独身、孫は2人。
兄弟で夫婦2人揃っているのは夫だけ。
参列者は12人で、家族葬とはいえ寂しい葬儀だった。

12人のうち地区内の親戚が3人。もちろんもっと人数が少ない家族葬もあるだろう。
人数ではなく、心がこもっていれば良いのだと思う。

日頃、家族葬は簡単でいいなと、思っているが、
寂しい葬儀だと思った。
最近は家族葬が主流になりつつあるが、葬られる本人は
望んでいたのか、考えてしまった。
家族葬でも、もう少し人数がいればいが、家族が少ないと
どうかな?と思った昨日の葬儀だった。

  @IMG_1439.jpg

  遺影は20年前の物


  @IMG_1442(1).jpg

義兄逝く

昨日、義妹から電話があり、田舎の義兄が亡くなったと聞いた。
6月に夫のすぐ上の兄が逝ってまだ2か月。

昨日亡くなったのは長兄。米寿のお祝いをして何年になるだろうか。
もう何年も透析を受けるため入院をしていた。
本来なら透析は、通院するものだと思うが、兄嫁さんも早くに亡くなり
女手のない家での、食事療法が困難なためだったと思う。
もしかしたら他にも何か病気があったかもしれない。
兄は手足のどこにも管を挿すところが無くなって、最近心臓に挿したと聞いていた。
これは淡路島では出来なくて徳島まで搬送されたそうだ。

長女・長男・次男は先妻の子供。先妻が亡くなって妹である
夫たちの母が後妻に入った。
そして6月に亡くなった兄・夫・妹の三人が産まれた。
先妻の子ども3人は3人とも、透析をしていて亡くなった。

急性大動脈解離で倒れ、片方の腎臓が機能しなくなった夫は
透析になる可能性の高いDNAを持っていると思う。
何とかそうならないで欲しいと願っている。

甲子園

   @R0024427.jpg

      青空が今日も広がる甲子園   タンポポ


第100回記念大会の高校野球も、今日は準決勝。明日は決勝戦。
お盆のころの暑さに比べると、当地もかなり涼しいです。
選手たちも少し楽だと思います。
今年の異常な暑さの中で、準決勝決勝と勝ち進むのは本当に大変だったと思います。
地元報徳学園はベスト8で残念ながら敗退しました。

リハビリに行っている病院の前を、球場の南の方でバスを降りた応援団が
通ります。運よく応援団を見かけたときは、頑張って応援してやと思います。
30台も40台も連ねて走る応援団のバスも見ごたえがあります。
そして帰りも同じ道を歩いて、バスまで帰ります。手にはえんじ色の袋に入った
お土産を持っています。

選手たちは球場のすぐ前で、バスを降ります。

丸刈りが伸びて球児の夏終わる   タンポポ


甘党

   くずもち

                                        
                      画像は無料素材屋さんからお借りしました。

     甘いもの食べると亡父思い出す   タンポポ

亡き父は甘いものが大好きでした。
家を出されて老人ホームで暮らしている時、そしてその後ケアハウスに移ってからも
面会に行くときは、必ず甘いものを持っていったものです。
高級なものではなくて、スーパーやコンビニに売っているものです。
特にアンパンが好きでした。
口癖は「甘いものは旨いのう。儂は酒は要らん。」でした。
「娘が甘いもの持って会いに来てくれる。幸せなことじゃなあ」と施設の職員さんに
よく話しかけていました。

命日にもお盆にも、実家からは何も言って来ませんが、私たちは忘れていないよと
言う意味も込めて、命日とお盆お彼岸には好きだった甘いものをお供えに送ります。
届いたと電話をかけてくるのは、兄夫婦の息子の嫁さん。
兄の名前で送っているのだから、兄か兄嫁が電話をしてくるのが筋と言うもの、
そんな簡単な常識さえも無視をする70歳を超えた夫婦。全く腹立たしい。

お酒

          @R0024440.jpg


夫は、2013年の吐血後、食道を抜去し3か月あまり口から、食べ物を摂れない状態が
100日あまりありました。その後、食道を再建後、退院してからもお酒は長い間止めていました。
しかし最近は前のようにほぼ毎日少し飲みます。
 元々大好きなお酒ですが、胃の容量の少ないので、お酒を飲むと食事が入らなくなります。
大の爺さんが体重48キロです。情けない・・・。


  病人も少しは飲んでいるお酒   タンポポ

孫台風それる

今日お昼前、関空行きのバス乗り場まで、送って行ってきた。
羽田から来るお父さんと、関空で待ち合わせ和歌山のおじいちゃんの
車で和歌山県日高市○○町へ。もうついているだろう。

これでジジババ二人の静かな、日常が戻ってきた。
5年と3年になった孫2人に、手はかからないが見ているだけで
じいちゃんばあちゃんは疲れる。ただ見ているのは本当に面白い。
仲良しでお兄ちゃんにくっついていく妹。
妹が可愛くてちょっかいを出すお兄ちゃん。
お母さんに怒られても、くっついていく2人。
子育てってこんなのだったかな?と思いながら見ている。
男の子を育てていない私には、いつ見ても男の子の行動が珍しいし、
女の子は、娘達の小さかった頃と比べている。

今回も娘はお金を置いて帰った。
スーツケースのポケットに返しておいたのだが、
送って行って帰ってくると、テーブルの上にあった。
そんなに楽な暮らしはしてないだろうに・・・。
まあ気を遣わせるほど、2人が歳を重ねたと言うことなのだろう。


孫台風それて静かな老いの家   タンポポ


   @IMG_1423.jpg
 
      《年代物の億万長者ゲームをする2人》

 

     @IMG_1424.jpg

       《叱られても大好きなお母さん》

男の子はいつまでもべったりしないだろうから、幸せな時だと思う。

ぐったり

   @IMG_1407j.jpg


    ジジババがぐったりとする里帰り   タンポポ


年に2回しか会わないから、よけいしんどいのだと思う。
孫は可愛いですけどね、でもジジババ二人の生活になって16年程。
すっかりこの生活になれると、ほんとしんどい。
今夜は夕食は要らないと言って出かけた\(^o^)/

里帰り

今夕埼玉から、次女が3泊4日で帰ってくる。
小学5年生の長男と、3年生の長女を連れてくる。
こちらから我々が、出向かない限り年に2回会って
孫の成長を楽しんでいる。
ただ今年の尋常でない暑さは、ヨシ!と言う気にならない。
しんどいが先にたってしまう。

子どもが大きくなってきて、和歌山のおばあちゃん家は色々
楽しいことがあるけど、西宮のおばあちゃん家は何もないと
言うらしい。
BBQをしたり、プライベートビーチのような海に行ったり
エビを捕まえたりいろいろ楽しいらしい。

マンション暮らしではBBQは出来ないし、横には大きな川が流れてはいるが
川には入れない。
アイススケートリンク、プール、キッザニア等はあるが、どれもお金がかかる。
さてこの3泊4日どのように過ごすのだろうか?

もう新幹線に乗っている。
後2時間ほどすれば、新大阪に到着予定である。
ジジババは、いつものようにのんびりしていられない。

扇風機

@R0024429.jpg


扇風機もう回るのに飽きている   タンポポ

開けてビックリ

夫の兄が78歳で、6月に急逝した。
若いときは勤めていたが、20年ぐらい前に独立して
商売を始めた。有限会社である。
義兄と事務員さんが一人。
自宅マンションの一室を事務所にした。
勤めていた時と同じ、建築資材を扱う会社であった。
会社を始める時、夫に共同出資者にならないかと話があった。
しかし公務員の夫は副業は出来ないので、断った。
何よりもし何かあった時、火の粉が飛んでくるのを避けたのだと思う。

はた目には順調に行っているように見えた。
兄嫁さんは商売には、一切関わらなかった。
夫はよく「何時まで働いているんや、もう辞めてゆっくりすれば?」と
言っていた。

そして倒れてわずか9日で逝ってしまった。
夫の再三の手術では、術後の説明を何度も一緒に聞いてもらったのに・・・。
葬儀も終わって、いろいろの手続きをしている頃、義妹から
かなりの借金があるらしいと電話があった。
兄嫁さんもビックリの金額らしい。
その精算のために、夫や義妹に遺産相続を放棄して欲しいと
電話があった。
もちろんそうするつもりで、弁護士からの電話を待っている。
今住んでいるマンションも抵当に取られるようだ。

ずっと忙しく突っ走って来て、最後にこんなことになるとは
残された兄嫁さんが気の毒でならない。
負債の金額は如何ほどかは知らない。
ただ100万200万ではないようだ。
独立まで同じ会社で働いていた甥は、その金額を聞いているが
恐ろしくて言えないと言う。今後の生活も気になる。
なんとか精算が済んで、穏やかな日が送れるように願う。

@nt11_031_01_L.jpg


   炎天下の車ガソリン燃えないか   タンポポ

画像はトヨタのHPからお借りしました。

駐車場の車のドアを開けると熱風が噴き出す。
よく燃えないなと思うのです。

危ない危ない

私が利用している検索エンジンはGoogle。
昨日検索をしたら画面に
おめでとうございます。お客様はiPhone Xに当選されました。と表示された。
???10万以上するものが当たった。えええ~~嬉し~い。
新しいiPhoneを購入しようと思っている私は、単純にラッキーと思ってしまった。
そして誘導されるまま、進めて行った。
いやいや待てよ、そんな馬鹿な。私何もしていないのに。
気持ちを落ち着け、よく見ると日本語の使い方が変だ。
何だ何だ中国?それとも・・・?

そしてまたまたググってみると出てきた。
ここやっぱりねえ、そんな巧い話がある訳がない。
危なく引っかかるところだった。

Googleになりすまして、個人情報やクレジットカード情報を入力させようとする
「偽サイト」です(フィッシング詐欺の一種です)。 とあった。

認知症

         済み認知症3


         認知症の母と向き合う談話室   タンポポ

8月で母は96歳になった。
ケアハウスで穏やかに暮らしている。車いすの生活になって
もう何年になるだろう。

親不孝な私は、5月に行って以来面会に行っていない。
姉たちは行ってくれているので、行ってきた日には必ず電話をくれる。
次女姉が行った日には、一言も喋らなかったと寂しそうに言っていた。
長姉が行った日は、調子がよかったのか、よく喋ったと言っていた。
もう自分の歳も解らない。
そして生まれた家で、辛い日を送っていたことは忘れたようだ。
嫁から受けた仕打ちも忘れたのか、春から入院していると言うと
若い時はよく働いた・・・と言うらしい。
役所の2階でもう年寄りとは一緒に住めないと言われたことも
留守の我が家の玄関に、父と一緒に置き去りにされたことも忘れたらしい。
我々は忘れることはないのに・・・。

今思い出しても、兄夫婦の両親への仕打ちは酷いものだった。
そのころの母はまだまだしっかりしていて、それゆえ嫁に嫌われたのだ。
父は認知症を発症していたが、母は生まれた家で辛い日を送っていることを
我々娘には一切言わなかった。

今ケアハウスで穏やかに暮らし、認知症を発症し、辛かったことを忘れたのは
不幸中の幸いだと思う。

辞めた!

昨日の午後、珍しく立て続けに家の電話が鳴った。
一本目は6月に急逝した夫の兄嫁さん。
二本目は夫の同窓生。三本目は先日の嬉しい知らせ事務局からだった。
用件は当日の出欠の可否だった。
あちらから尋ねられると、返事がし易い。
わざわざ電話を頂いて申し訳なかったが、欠席で返事をした。

この6日間の迷いが吹っ切れた。
賞状と賞品、発表句集を送りますと言って電話が切れた。
この暑い中、交通の便の悪いN村市まで出向くのは、やはりしんどい。
賞状と賞品、発表句集が届くのを楽しみに待っていよう。

回転椅子

   @R0024422.jpg


    肘掛けの回転椅子の肘が邪魔   タンポポ


あららら?旧の投稿画面が出なくなってしまった。

私、前のが好きなのに・・・。



巻頭句

所属している柳社の季刊誌が、先日送られてきた。
川柳を初めて間もなく会員になっていたが、、今は誌友になっている。
誌友が投句するページをみてビックリした。
なんと巻頭句に私の句7句が載っている。

私が川柳を始めたのは、阪神大震災のあくる年だった。
震災の数日後の新聞に「被災地へ急ぐ背中の水の音  天根 夢草」の
句を見つけ、川柳とはこんなにも今を切り取って読む文芸なのかと
感銘を受けた。
もう26年も勉強をしている。
それなりに努力をしているつもりではあるが、巻頭句に推されることは
難しい。
今回でおそらく3回目で、2年ぶりぐらいか?やはり嬉しい。
207名出稿のトップ掲載なのだ。

今回の巻頭句はまた、フォト川柳にしてアップしたい。
今日は20年前の、初めての巻頭句をアップしておこう。


飛行機に乗る前にある空き時間
親切に紙切れですとファクシミリ
棒持って仁王のように立ってみる
約束を破って気持ち軽くなり
指切りで固い約束したつもり
愛想笑い顔が引きつらないように
私が障害者だという手帳
白髪ネギ今日は綺麗に出来て〇
水飲んで嘘つく準備ぬかりなく

嬉しい知らせ

一日に一枚の葉書が届いた。
なんとそれは、ある信用金庫の川柳大会事務局から、7月に投句していた句の
秀作入選のお知らせだった。
8月25日が発表と表彰なので、それまで公表を差し控えて欲しいとのこと。
(本来ここにも書いてはダメなのだろうね。)

投句した時から大会は欠席で出していた。
表彰をしていただけるなら出席しようか?と若干気持ちが揺れている。
ただこの暑さだ。暑さにめっぽう弱い私、怖気づいている。
それに結構遠い。もちろん日帰りは体力的にも無理だと思う。
さてどうするか・・・。
飛行機、電車、高速バス、あるいは車、アクセスはいろいろある。
一番早いのは飛行機。交通費の安いのはバス、車。
車で5時間余りかかる。これはちょっとしんどいそれに途中までは走ったことがあるが
その先は未知の世界。自信がない。

やっぱり初めに決めていた通り欠席にしようか。
悩むなあ・・・。
夫は出席すればいいと言う。そしてついて行ってやろうかとも言う。
私が出席している間に、観光をすると言う。
観光なら私もしたい・・・でも暑い。
なかなか結論が出せないでいる。

電話

  @R0024417.jpg

  
    非通知の電話には出る義務はない   タンポポ


スマホが普及し、LINEで簡単に用が足りるからか、固定電話があまり鳴らなくなった。
また常に留守電に設定しているので、営業の電話はすぐ切れる。
無くてもいいかなと思ったりする。ただ年に何回利用しているか解らないが、
FAXが必要なのだ。

青い青い

    済み洗濯物@


     洗濯物威張らせておく青い空   タンポポ

毎日暑くて嫌になりますが、洗濯物は気持ちよく乾きますね。


もう一句。

   洗濯物畳む夫はいい夫   タンポポ
前にも書いたと思いますが、洗濯物を取り込むとき、カゴの底に私の物、
上には夫の物を入れておきます。っで夫は自分の物を畳みます。
横着な私は翌日それを着ます(^_^;)

プルトップ

         @IMG_1384.jpg


         私の指が嫌がるプルトップ   タンポポ


いつ頃からだろう、プルトップが開けにくくなっている。
加齢のせいだと諦めて無理はしない。
キッチンハサミの持ち手を使って開けるようにしている。
ペットボトルの蓋も開けにくい。
これは100均で買ったスポンジのようなものを使う。

しかし今どき、缶切りが必要な缶詰をあまり見かけない。
缶切りがない家庭がありそうだ。

連絡網今どき事情

我が家が子育てをしている時、クラスの連絡網、地区の連絡網があった。
なかなか最後まで回らないという欠点もあった。
自治会の役員をしていた時も、役員の連絡網があった。

今は、個人情報保護で電話のクラス連絡網はないのだと言う。
みんなメールの一斉送信だそうな。
時代は変わったのだと思う。LINEもありかもしれない。

義妹は、出産直後亡くなった嫁さんが残した子どもを2人育てていた。
今は何とかCメールをしているが、当時Eメールをしない義妹には、
学校から電話があったと聞いている。

昨日古くからの友人にCメールで、LINEはしている?と聞いてみた。
しばらくして電話がかかって来た。娘たちはLINEがどうのと言っているが、
そんなややこしいもの私はしていないと言う。
よくよく聞いてみればスマホではなかった。
何か月か前まではガラケーでLINEが出来ていたが、今LINEはスマホ
のみになっていると聞く。残念!