FC2ブログ

誕生日

今日は、我が家の初孫Sの20歳の誕生日である。
あれから20年、本当に早い。
ジジババも若かった、そして何より元気だった。

この子の母親である長女には、心臓疾患(発作性上室性頻拍症)があった。
我が家の近くの産婦人科医院で、出産を考えていた。
そして院長も了承していた。
もし何かあれば、すぐ近くに大学病院があるからと話していた。

ところが8か月になったころ、発作が起き検診の際その旨を
伝えると、後日やはり転院して欲しいと言ってきた。
そこで心臓疾患でかかっている、国立大阪循環器病センターに
転院して出産したのだった。

出産当日無事に生まれるかどうか、ドキドキしたのを思い出す。
ましてや医者が「お産を軽く見ないでください。命がけです」と
言われたのだった。
無事に生まれてほっとしたものだった。

@曾おばあちゃんと
                                                                  ≪曾おばあちゃんと≫
  

羽のない天使生まれる夏の午後  タンポポ                                                               

田舎から姑が来て祝ってくれた。
その時、姑が「Hちゃん長男に嫁いで男の子を産んで、お手柄やなあ」と言った。
その言葉が妙に気になった。
私は、女の子しか産まなかった。義兄も妹も男の子がある。
う~~ん。今更言われてもどうにもならないし・・・。

初孫にはどれだけ貢いだか解らない。
とにかく可愛かった。


IMG.jpg



IMG_2116.jpg


こんな女の子みたいな時期もあった。

     ポトマック川

は次女夫婦がアメリカメリーランド州にいた時の物。ワシントンDCポトマック川にて。


DSCF0039syou2モザイク


は娘がカテーテルアブレーションをして退院した日の物。
娘が入院し、帰る時、Sはバアチャンの車に乗ると言って、そのまま我が家まで連れて帰った。
家についてお父さんが来てないことを知り「一人はいややあ!」と泣いた。
2日後退院し、大喜びだった。

2007.8.13 003


IMG_4343翔大と慧

一人っ子のSは従弟のKが、可愛くてたまらない様子だった。
この画像より3~4年後だっただろうか、KがS兄ちゃんと一緒にお風呂に入る、
一緒に寝ると後をついて回った。2人で電車の話を楽しくしたようだった。


とうとう二十歳、一人前に髭も生えてシェーバーで剃っている。
鉄っちゃんのこの子は、発達障害である。
ジジババの欲目かもしれないが、知的障害がないので見た目には解らない。
しかし世間に出た時、生き難いだろうと思う。
そんなSも、今はExcelやWord、パワーポイントのスキルアップをしている。
私には出来ないブラインドタッチを軽々こなす。

頑張れS。二十歳の誕生日おめでとう


@publicdomainq-0000763lxo.jpg

  ババ馬鹿でした<(_ _)>

イラストは無料素材屋さんからお借りしました。