FC2ブログ

O型とAB型

血液型の話、夫は生真面目なAB型、そして私はと言うと
自分で言うのも恥ずかしい、ちゃらんぽらんなO型の代表格。

この正反対の2人がよくぞ結婚生活47年と10ヵ月を迎えたものだと思う。
夫は何をしてもきちんとしている。それは二人のPCデスクを見れば
一目瞭然である。

私のPCデスクは娘のお下がりで、幅140センチほどあるが、キーボードの両サイドが
わずかに見えているだけ。ありとあらゆるものが散乱している。
ざっと見てみると、ペン立てから飛び出した鉛筆、ボールペン。消しゴムもある。
クリアファイル、ノート、川柳の季刊誌5冊、講座の作品集、読みかけの本、30センチの定規、
席題の句箋もある。なぜかメジャーまである。
その他諸々の紙類・・・。

夫のPCデスクは狭いながらもきちんとまとめておかれている。


破れ鍋に綴蓋とは我々夫婦のことだと思う。
否、夫はもう何十年も前に諦めているのだ。
今更私に何を言ってもきちんと出来ないことは、本人より解っているのだ。
それをいいことにますます横着になる古女房。困ったもんだ。
あながち血液型だけの精でもないようにも思える。
こんな私でも娘たちがいるときは、もう少しマシな生活をしていた。

心のどこかで大病をした夫に付き合ってきた(今も進行形)私に、もはや
夫は何も言うまいと思っているのだ(;^_^A
実際諦めてか恐れてか解らないが、何事も好きにさせてくれる。

それでも何とか夫婦関係を続けている。2020年には結婚50年を迎える。
もちろん今の私に生活への不満はない。
これからのことを考えると不安はある。何しろ団塊の世代である。
不安はあるがのんびり構えているO型人間なのである。