FC2ブログ

朝の騒音

午前6時半、我が家はまだ寝ている。
1年程前からトン・・・トン・・・トンという音が響いてくる。
この音で毎朝目覚める。でもまだ起きる時間ではないのだ。
おそらく上の階からの音であろうと思っている。
この音は冬場は6時45分であった。
上階には小学生が二人いる。
その子たちが起きる時何かをしているのだと思っていた。

ある日、この部屋が売りに出ていた。
これでこの音から解放されると思った。
そして一か月前、荷物を運び出しているところに出会った。
二年間自治会の役員をしていたので、自治会費を7月まで
徴収している。5月中に出て行くなら、6月7月分を返さねばならない。
新役員にその旨を伝えねばならない。

そのことを言うと「家が売れるまでダンナがいるから・・・」と言う。
奥さんと子供だけが引っ越したようだ。

そしてあのトントンという音は、今もほぼ毎朝聞こえてくる

ここに引っ越してきて6~7年だと思う。
どんな事情があるのか知る由もないが、仮にオープンハウスをするにしても
空き家の方が便利だろうと思う。

そしてあの音から、早く解放されたいと願っている。

40歳の時、卵巣嚢腫の手術のため大学病院の婦人科に入院した。
今では珍しい8人の大部屋だった。
すぐ打ち解けてみんな仲間になった。
婦人科の病気は子宮癌、卵巣癌、子宮筋腫、卵巣嚢腫、それと胞状奇胎の人もいた。
病棟全体では、やはり子宮がんの人が多かった。
年齢は関係なし・・・。20代~80代の方がいた。

入院するまでは大病のように思っていたが、ほかの人たちの苦しみ方を
見ていると何だ私なんて大したことはないのだと思った。
何より悪いところを切れば治るのだ。
それを教えられたのは、明日退院と言う日、同室のTさんと退院受診をし、
Tさんを待っている間、Tさんのご主人と話をした時だった。
「切って治るものはよろしいわ。本人は知りませんけど家内は手遅れですねん。」
ええ~~!!びっくりしたのは言うまでもない。今の今まで考えてもなかったのだ。

子宮癌だった。
本人は微塵も疑わず、明日の退院を喜んでいた。
病棟へ戻り、どうにも苦しくて悲しくて一昨日オペをしたKさんに話した。
2人で泣いた・・・。
私はその後、屋上(当時の屋上は洗濯物を干していた)に上がって、声をあげて泣いた。
そのTさんは1年後に亡くなった。

このときの入院で仲良くなった人の殆どは、子宮癌卵巣癌で亡くなった。
kさんもいったん元気になり仕事に復帰していたが、5年程前に亡くなった。

私の周囲で亡くなった人の殆どは、癌で亡くなっている。
やっぱり癌は怖い病気だと思う。
なのに子宮癌検診も乳癌検診も、もう長い事受けてない。罰があたるかも知れない。

昼の月

月

堂々としていればよい昼の月  タンポポ

昼の月ってぼんやりしてて自信なさげに見えます。

観覧車

   @R0024154.jpg



     てっぺんは一瞬だけの観覧車    タンポポ

ティッシュ

     済みティッシュ

今年の入選句から・・・。

洟かんだティッシュ広げる癖がある   タンポポ

あまりお行儀がよくありませんが、こんなことしませんか?

イラストは無料素材屋さんからお借りしました。

震災復興住宅

県下には、22年前の阪神大震災で被災した方のための、震災復興住宅がある。
我が家のすぐ近くにもある。
そして退去を巡って、市や県と揉めている。
大部分の方が退去した建物の周囲は、雑草が生い茂りひどいことになっている。

すぐそばの建物は来春で全戸立ち退きとなり、後はペット飼育可の賃貸住宅になると言う。

その説明会が先日、管理組合の役員に向けてあった。
ペット禁止の住宅に住んでいるものとすれば、今後のトラブルが予想される。
複数棟で構成されている当住宅は、敷地が広く公園は敷地内に2箇所あり、
フェンスを出たところに提供公園もある。
ペット飼育可となれば、当然犬なら散歩をさせねばならない。
この提供公園が散歩コースになるのは、目に見えている。

ペット不可の住民もペット可の住民も、お互い気持ちよく暮らすには
どうすればいいのだろうか?

課題は多い。いい案を出して、今まで以上に気持ちよく住みたい思う。

自動車保険

8月に自動車保険の更新がある。
前の車からずっと○ニー損保をかけてきた。
先日損保会社からお知らせがきた。
ネット申し込み割引で、ペーパーレスなのに高い。
事故をしていないし、保険を使っていないのに
去年より高い。

今回、思い切って損保会社を変えようかと思った。
そこで一括見積サイトを見つけたので、見積もりを取った。
CMで見かける各損保会社から見積もりが届いた。

一番高いところと安いところでは、大きな開きがある。
等級と免許証の色にもよるだろうが、この差は大きい。

大手の会社(そう思っている)でもいまのより、かなり安い。
十分に悩んで変えようと思う。
しかし、車とは維持費の高いものだなとつくずく思う。
あと何年乗れるか解らないが、私の脚として頼むよ。

MRI結果・・・

結論から言うと変なものは、映っていないということだった。
検査当日とあくる日、あまりの気分の悪さに寝ていたというのに、
異常は見つからないって・・・それはないでしょ?って気がする。

それに確かに左ひざの裏に、指先に触れる何かがある。
そしてどうかした拍子に、その何かが関節に挟まってアイタタタ!
しかし医者としてもMRIに映ってないものには判断を下せないと
いうところだろう。
もっと大きくなれば、MRIに映るのかも知れないが・・・。

これで一安心と行かないのがつらいところ。

MRI

先日、ある総合病院でMRIを撮って来た。
この病院では右脚を手術する時(約20年前)にも撮っている。

ただ今回と比べて、そんなにダメージが大きくなかったように記憶している。
今回はマイッタ。防音のためヘッドホンをしていても、そのうるさいことうるさいこと。
これには参った。

今回撮ったのは左膝。膝の後ろの角になんだか解らないが、
親指の先ぐらいの肉の塊のようなものがある。
それが関節に入った時、痛くて暫く膝の曲げ伸ばしが出来ない。
先月、股関節の年一回の定期検診に行ったとき、医者に言うと
MRIを撮りましょうと言うことになった次第。

撮り終えた時、頭は自分の頭ではないようだった。
取りあえず頭を抱えて休憩した。
膝でこれなら、頭だとどんなだろう?

結果は明日聞きに行く。
悪いものでなければいいのだが・・・。
悪性のものでなくても、取り除かねばこの痛みからは
解放されない。しかし簡単であれ手術と言うことになれば
病気の夫をどうするか・・・。
子どもではないので一日ぐらい何とかなるだろう、しかし三日あるいは一週間。

食の制限のある身で、どうしたものか?
頭の痛い話である。
そして糖尿のある私は、簡単に手術が出来ない・・・。

コーヒー

我が家の朝は夫が先に起きる。
そしてゴミの日は、夫が出してくれる。
だから長期入院をされると、非常に困る。

私が起きてくると夫は、食事中あるいはもう終わっていたりする。
もちろん毎朝は沸いている。

2週間ぐらい前、コーヒーが残り少なくなったと言うので、
いつものスーパーでいつものコーヒーを買ってきた。
コーヒーメーカーには、ミルが付いているのだが
コーヒー通でもないしと、豆の挽いてあるのを買う。
いやそのつもりだった。

そして缶に移し替えて、いつものように沸かした夫。
私が起きてきたとき、今日からコーヒーが変わった。
何時ものより白いという。?間違えて買ったのか。
私は数年前のある事件から、自宅ではブラックが飲めなくなっていて
マグカップに残った牛乳の上に、コーヒーを注いで飲んでいる。
その時、白っぽいと言ったけどコーヒーはの色は濃いし、いつもより苦いなと
思いながらも、たいして気にすることなく飲み干した。

そして片付ける時、フィルターを捨てようと蓋を取った
フィルターが空っぽ、わずかに粉が残っているだけ。
夫にフィルターの中身すてたの?と聞いてみる。
もちろん返事は

はぁ~~なんと、レギュラーコーヒーを買ったと思ったのに、
インスタントコーヒーだったというお粗末
それにしても夫婦二人して、コーヒーの味など解っていなかったのだと
笑い話でもあり、情けない話でもある。

あくる日売り場で確認しましたとも。
レギュラーコーヒーは売り場の左の方、インスタントは右のほう。
確か左の売り場の商品をカゴに入れたと思うのだけど・・・。
持ってみると重さが全く違う、インスタントは非常に軽い。
気付かなかったとは、主婦歴48年目の大失敗。
仕方ないので、いつものレギュラーコーヒーを買って
一件落着と相成りましたが、今後こんな失敗は多々あるような気がする。

済みコーヒー


コーヒーをブラックで飲む潔癖さ  タンポポ

こんな句を作ったことがありました、今でも外出先ではブラックです。

認知症

     @おばあちゃん


叱らないことが基本の認知症  タンポポ

なりたくてなるのではない認知症、私の母は坂道を転げるように
重症化しています。悲しいことです。
施設に入り、張りつめていた気持ちが緩み、認知症になりました。

イラストは無料素材屋さんからお借りしました。