FC2ブログ

羨ましい健康

何度か書いたが、去年から2年間自治会の役員をしている。
戸数380戸余りの自治会はなかなか大変である。
以前は自治会も管理組合も夫任せだった。
しかし人工血管再置換後、何回もの全身麻酔のため、ほとんど声が出なくなった夫に代わり、
私が出るようになった。
役員はほとんど60代~80代で構成されているが、みなさんお元気である。
夫と同年代の方の元気が羨ましい。

11回もの手術に、かろうじて耐えた身体は、奥の深いところから悲鳴をあげている。
体重はここのところ減少傾向で45キロ~46キロの間。
大の男がこの体重では、自分の身体を持て余すのも無理はない。
4年10ヶ月前までは、こんな老後になるとは思わなかった。

声は3回の手術で出るようにはなったが、満足のいく声量ではない。
相変わらず掠れていて、聞き取り難い。

11年10月に倒れていなければ、否.一年後、感染症MRSAに罹らなければ、
否々大量の吐血さえしなければ…と悔いは尽きない。
あんなに元気だつた人が、20キロも痩せて全身の筋肉が落ち、
見るに耐えない憐れな裸体を晒す。
そりゃあね、72歳の老人だもの、若者の肉体美の足元にも及ばないけど。
でも老人は老人なりに健康ならば、それなりの身体だと思う。

おまけに感染症の影響で、もう3年もの間、胸に開いた直径5ミリほどの穴が塞がらない。
したがって、真冬のどんなに寒い日でも、肩まで浴槽に浸かることが出来ない。
毎日薬を塗ってガーゼを交換し、テープで止める。
いくら肌に優しいと謳ったテープでも、3年も毎日毎日テープを貼っていると
肌がかぶれる。もうテープを貼る場所もない感じになっている。
でもガーゼを止めるにはテープを貼らないといけない。

3分の1になった胃は、食べ物を一度にたくさん摂ることもできない。
そして健康な胃には入り口に弁があるのだが、それがないため
お腹が空いても満腹になっても、胃液が上がってくる。
もう少し楽に暮らせたら夫はもちろん私も楽なのに・・・。
塩分とカリュウムの制限もある。

元気なシニアがつくづく羨ましい・・・。

美味しいパン

夫は大病を患い食が細くなった。
朝食の6枚切りトーストを1枚食べきれなくて、三分の一残すようになった。
健康な時は5枚切りをペロッと食べていた。
このころ食べていたのは、どこのスーパーにも山のように積んである○熟。
この家に越してきて25年ずっと食べていた。

ある日、このパンの6枚切が売り場になく、少し迷って違うものを買った。
これが食感が軽くて美味しい。夫も久しぶりに美味しいと言って完食した
ならば今後このパンを買おうと思い、売り場に行ってびっくり。
今まで買っていたのより、100円も高いのだ。
たかが食パンされど食パン100円も高いとは・・・。

でもよく考えてみると、安いパンを三分の一捨てるのなら、完食できる
方がよっぽどいい。
以後このパンを食べている。毎回5枚切を必ず完食できる。
そしてなにより美味しい。
世の中にはもっと高価で美味しいパンはあると思う。
でも我が家の懐事情で、買って買えなくはない価格の美味しいパンである。
ただ取扱量が少ない。棚にはいつも多くて3袋しかない。
自宅から一番近い駅前のスーパーでは、取り扱っていない。

今朝も美味しくいただきましたとさ・・・

カーナビその後

昨日は車の半年ごとの点検日だった。
先日カーナビの件で、電話し点検日を10日早くしてもらったのだ。

約束の13時にディーラーさんに到着。
いつもながら丁寧に迎えてくれる。
車のことはなにもわからず乗っているので、お任せである。

何より気になっているナビのことを話し、本体の故障であっても
純正品は買えない事はハッキリ伝えた。


結果は動くようになった
なんでもエンジンを切っても、ナビには少し電源が流れていて充電をしているのだそうだ。
それが何かの拍子に電源が落ちたらしい。
バッテリー上がりしませんでしたか?と聞かれたがそれはなかった。
何しろ1時間ほどスーパーにいて、帰りにエンジンをかけたらこの状態になったのだ。

バックアップディスクを入れると正常に動いたということで、充電をして帰ってきた。
助かった・・・これがいつまでもつという保証はないが、純正品を買うとすれば
10万以上はする。
8年乗っている車である。今更そんな大金をかけられない。
8月は自動車保険の更新がある。
車は便利だが、本当に維持費が高い。
脚を悪くして50歳で免許を取ってからは、スーパーへ行くのも、病院へへ行くのも
なくてはならない脚である。

さあて、この脚あと何年間乗れるのか、時々考えている。

キッチンリフォーム完成

9日10日とキッチンのリフォームをした。
前日から、上の棚に入れてあるもの、下に入れてあるもの、すべてを出して
リビングのセンターテーブルの向こう側に置いた。
あるものですねえ・・・。
不用品は、この時点で一緒に処分してもらうので、キッチンの中に残した。

二日間で完成したが、初日の夜はキッチンのみガスも水も出ないので、
食事は外食でしのいだ。

古いクロスと新しくパネルを貼ったところの境界線が、意外と目立たなくてよかった。
システムキッチンのカラーはえんじ色。正面から見るとあまり解らないが
横から見ると淡い濃淡のチェック柄になっている。
あまり派手でもなく、なかなかいい色である。

コンロとレンジフードが連動していて、火を点けると換気扇が回り電気が点く。
レンジフードは、今までの深型ではなく薄くて「掃除が簡単」が売りである。

完成し中に入っていたものを、元に戻すのが大変だった。
前のは棚式、今回は引き出し式。大きな引き出しはだだ広くて仕切りがないと
整理がし難い。
その仕切り板は、メーカーにあるが結構な値段がする。

そして上の部分は今回も棚なのだが、どの扉も棚板が一枚しかない。
上の部分の収納は、棚板が少ない分、古いのより少ない。
一枚目の画像の足元、シルバーの部分も引き出し収納になっているので
収納率は高いです。

何とか収納してヤレヤレですが、まだ慣れずにまごついています。

R0024080.jpg


R0024081.jpg



カーナビ

一昨日、スーパーの帰りに車のエンジンをかけると、ナビの画面に
「正しい地図ディスクを入れてください」と表示された。
正しいも何も地図のディスクは、これ一枚しかないのに・・・?
エンジンをかけなおしても同じ表示が出る。
まさかとは思うけど故障?
ええ~~この物入りな時期に本体の故障だったら
エンジンをかけて、とりあえずナビを設定する癖がついているので、
ナビなしでは近所のスーパーぐらいしか行けない。

う~~ん困った。純正品は高いし・・・。
しばし様子をみて本当にダメだったらOバックスででも買おうか・・・

一泊旅行№②

温泉は「美人の湯」明朝を楽しみにして、美人の湯に入る。

食事処は個室の洋室、これは助かった。
夕食も朝食も豪華であった。
我々世代には食べきれないほどの量があった。

夕食は全12品ありメインディッシュを、6種類の中から3種選べた。
友人が最近生ものが食べられないので、お造りはパスした。
もっとも全12品の中には、お造りもあった。
伊勢エビの温泉蒸し・アワビの陶板焼き・松坂牛のすき焼きの3種をチョイスした。
どれも美味しいただ仲居さんが豆鉢のモズクを少しこぼした。
おまけに縁についたそれを、自分の手で戻したのを私は見た
それはあかんやろう。
板長さんの差し入れ?気持ち?の鯛のアラ炊きも美味しかった。

R0024065.jpg

   ≪伊勢エビの温泉蒸し≫

アワビの陶板焼き、松坂牛のすき焼きは蓋をしてあり、食事の前の撮影会では撮れず

R0024063.jpg
R0024064.jpg

朝食も干物と湯豆腐の鍋が2つあり、なかなかの量があった。やっぱり多すぎる。

R0024067.jpg



10時にチェックアウトして、そこここにサミットの名残が残る賢島へ向かう。
我々は一周50分のクルーズ船に乗った。

R0024070.jpg


そして鳥羽水族館へ行く。
ジュゴンは大きくて全身を撮るのが難しかった。

今回近鉄の「まわりゃんせ」というクーポンを使ったので、あちこちでバスや、
施設の料金は要らなかったが、バス乗り場がわからずうろうろしたりして時間がかかった。

しめは近鉄特急「しまかぜ」に乗車。
一列3席のゆったりした、豪華な電車で大阪まで
無事帰ってきた。



一泊旅行 №①

友人とのお楽しみの一泊旅行を終えた。
ハッキリ言って今回の旅行は失敗だった。
久しぶりで楽しみにしていたのに残念

一日目、内宮にお参りしてホテルに向かう時、宇治山田駅で特急電車に乗ってすぐ、
私が駅のベンチに、荷物を置き忘れたことに気付いた・・・ああ~~大失態。
そのため時間に間に合わないと思い、最寄駅からの送迎バスをキャンセルした。
結局は予定時間のバスには間に合ったのだが、、私たちが乗ってきた電車で
到着した宿泊客がいなかったとみえ、送迎バスは来なかった。
キャンセルしたのだから文句は言えない、仕方なくタクシーで行った。

送迎バスで17分と書いてあったが、もっとかかったような気がした。
タクシー代金3600円と少しかかった

ホテルに到着しチェックインする。
本館と別館が渡り廊下でつながっている造りで、本館から6階までエレベーターに乗り、
渡り廊下を通って別館のエレベーターで4階に降りる、ややこしい。

4階で降りて廊下を歩きながら、ドアの感じに??
案内され、嫌な予感は的中した。まさかの和室である・・・
脚の悪い私が確認しなかったミスだが、それなら和風ホテルとか
なんとか明示して欲しかった。ここですでにマイナス50点。
部屋は広いが、前は海しか見えない。
しかも海の見える窓辺には堀こたつ式のテーブル・・・
こんなところに入って坐ったら、両股関節を人工にしているものは出るのに非常に苦労する。

それにしても和室の部屋に泊まったのは、いつどこに行った時以来だろうか?
当然ベッドではない・・・大失敗じゃあ。

自宅でも和式の生活は一切していないのに・・・。


R0024062.jpg