FC2ブログ

10回目の手術に備えて

明日の午後から、夫は一週間の予定で入院、手術である。
もはや何度目の入院か、記憶が定かではなくなっている。
たぶん8回目だと思う。
そして手術は、2011年10月から数えて10回目になる。

手術は簡単に言えば、ほとんど出ていない声を戻す手術。
過去に2回、反回麻痺の手術を受けたが、思うような結果は出なかった。
声がほとんど出なくなって、もう2年余りが経つ。

今回も出るようになるかどうかは判らない、運を天に任せるしかない。
生まれたての赤ちゃんでも、教えなくても大きな声が出る。
70年普通にしゃべってきたのが、掠れ声しか出なくなった。
本人にとっては、何ともじれったい思いであろう。
その聞き取りにくい掠れ声さえも、出すのが非常に苦しいのだ。
吸い込んだ酸素が、声帯の麻痺によって一気に吐き出されてしまうので
長くは喋ることが出来ない。生活に大きな支障がある。

手術は24日、全身麻酔であり、今回も決して楽観できるものではない。
声帯の手術だけで3度目である。
三度目の正直となればいいのだが・・・。