FC2ブログ

新子のくぎ煮

瀬戸内に春を呼ぶと言われるいかなご漁、今年は先週の月曜日7日に解禁になった。
例年より1週間から10日遅い。
姫路から神戸、西宮あたりの主婦は、このいかなごを使ってくぎ煮を炊く。
この時期、これを炊かない主婦は、一人前の主婦ではないとまで、この辺りでは言われる。

私もあまりたくさんではないが、5キロぐらいは毎年炊いている。
もちろん自宅用だけではなく、二人の娘宅と遠くの知人に送るのである。
毎年心待ちにしてくれている。
クロネコさんや郵便局では、くぎ煮パックと箱をセットにして売っている。
スーパーではくぎ煮パックはもちろん、砂糖、しょうゆ、味醂、お酒。
あるいはくぎ煮調味料も、たくさん並べて売っている。
まるでそれ炊け、やれ炊けと煽られているようである。

今年は肝心のいかなごが、べらぼうに高い。
なんと1キロ2500円ほどする 要するに漁獲量が少ないのだ。
しかしながら、心待ちにしてくれている人があり、炊かないわけにもいかない。
もう少し経てばいくらか安くなるかも知れないが、油断をしているとくぎ煮にちょうど良い
大きさではなくなってしまう恐れがある。

何とか知人の分も炊いたので、送りに行こう。
この時期、春のメッセンジャーとして甘辛いくぎ煮が、全国を飛び回っている。

R0024057.jpg