FC2ブログ

脳内出血

義妹の夫のKさんが脳内出血で倒れ、もう一か月間昏睡状態になっている。
まだ72歳。いつ何時何があるか解らない。

糖尿病で左脚の膝から下を失い、その後、脳梗塞で右半身麻痺。
そして今回の脳内出血。
先日倒れてから初めて、リフトで入浴をさせて貰ったが、それでも目覚めることはなかったと言う。

夫のように何度もオペをして、十分食べられない身体で生かされるのも、
本人にとっては苦しいが、次々と重い病気に見舞われるのも苦しい。
ただ今回の脳内出血は、本人には解らない。

つくずく我々の命は神様の掌にあると思う。

神様の手に握られている寿命    タンポポ




          kamisama.jpg

         イラストは無料素材屋さんからお借りしました。

オペ決める

今日は耳鼻咽喉科の受診日だった。
平成26年の人工血管再置換手術のあと、反回麻痺のため殆ど出なくなってしまった声。
その声を戻す手術を、過去に2回受けたが戻らない。
また痩せた声帯にコラーゲンを(ゴアテックス)を注入したがやはり駄目だった。
今回もこの1か月間、夫なりに受けるかどうか、かなり悩んでいた。
今朝食事のあと、「このままではどうにも不自由なので手術を受ける」と言った。

本人がまた命がけの手術を希望するなら、私は反対出来ない。
付き合うしかない。
今のままでは、2人の意思の疎通にもこと欠いている。
しかしながら10回目のオペともなると、私の心中も穏やかではない。
どこにも生きて返しますという保障がないのだ。
たった一つの命を、一体何度かければいいのだろう?

2013年8月に受けた「食道再建胃管胸骨前手術」を受けた身体は、ダメージが大きく食事の摂れる量が、限られている。
今夏の暑さの厳しい時、体重は43㌔台だった。
今はだいぶ持ち直して47㌔、それでも大の男の体重にしては軽すぎる。

今回の手術は恐らく年明けになるだろう。
主治医の師匠という先生を京都大学から呼ぶため、その医師の空いている
日になる。医師2人体制での手術となるという話しである。

命がけの手術をする以上、せめて今より楽に声が出るようになって欲しいと思う。

マッサージャー

第2の心臓と言われるふくらはぎの硬さが、前から気になっていた。
マッサージを受ける時も、左が硬いと良く言われてほぐしてもらっている。
入浴時も気を付けて下から上に揉んでいる。
揉んだ後は、心持ち柔らかくなった気はするが、時間が経つと元の硬さになってしまう。
マッサージャーに心惹かれていたが、嵩高い。

つい先日、カーラジオを聞いていると、ラジオショッピングでふくらはぎに巻くマッサージャーを販売していた。
○ムロンの製品でもあり飛びついた。
車を止めて直ぐにをした。
3日ほどして送られてきた。ちょうど腕に巻く血圧計のようなもので、嵩張らずふくらはぎに巻いて、電源を入れると圧力がかかって気持ちがいい。
なかなかの優れものであり、大満足
左右セットで消費税、送料混みの7,400円で少しお釣りがある。
値段相応の効果かも知れないが、嵩張らず15分間のマッサージの後は、脚が軽くなった気がする。

R0023997.jpg


マッサージャー値段相応だと思う   タンポポ

お相撲さん

019-3d2c8.jpg


力士達の重さに耐えている土俵  タンポポ

シクラメン

R0023987@.jpg


咲くまではうなだれているシクラメン   タンポポ

行方不明

2月に父が亡くなったので、喪中葉書を作った。
出す枚数を30枚にしぼっておさえた。
先日、出がけに切手を買って、私の分だけ
車の中で貼っていた。

最初は局内で貼ろうと考えていたが、スポンジがなかった。
仕方なくペットボトルの水で、ハンカチを濡らして貼っていた。
葉書も切手もあと5枚なのを確認した。
この時点で既に指は、糊が付いて粘くなっていた。

そして1枚足りなくなった・・・?
足元や助手席を、いくら探しても見つからない。
どこへ紛れ込んでしまったのか?
葉書の宛名面の確認はしたが、裏は確認してなかった。
行方不明の切手は、現在も見つかっていない。

見落とした裏にくっついていたのかも・・・。
いつもながら詰めの甘い私・・・






腹立つなあ

スーパーの駐車場での出来事。
私の愛車の右側に停まった前進駐車の後部座席のドアが、
これでもかというほど開いている。
そこから出てきたのがこの婆ちゃん
そしていきなり腰骨をこつかれた・・・
口から出た言葉が「先に通してえな、危ないのわかってるやろ!」だった。
危ないってねえ、思いっきりドアが開いていてサイドミラーまで、
わずかに余裕があるほどの広さがある。
両手に荷物を持ってもすれ違える幅があった。
何より私は自分の車より奥には進んでいなかった。

いつも我が物顔でスーパーのカートを押して、家に帰ったり病院に
行っているのを知っているので、車から降りたのが、このバアチャンだった
ことにビックリしていた。
そこでこつかれてダブルパンチをくらった。

非常識なことを平気でしている人に、言われる筋合いはないと思う。
このことを私は忘れないが、相手は覚えていない。
一昨日整形外科で一緒になったが、気付いている様子はなかった。

相手にしても仕方がないが、スーパーのカートはあくまで
スーパーの敷地内で使用すべきものだと教えてあげたい。
もっとも言われなくても解っているだろう。
解っているが、たくさんあるのだから・・・
便利だから一台ぐらい持って帰っても・・・
そんな気持ちなのだろう。

あなたの物は私の物、私の物は私の物・・・

変じゃないの?

かかりつけの眼科の受付に、診察券を出すと必ず「お変わりないですか?」と聞かれる。
そのたびに違和感を覚える。
正しくは「お変わりはありませんか?」ではないのだろうか。

十二分に意味は通じているのだが、なんだか変だなと思ってしまう。

もう一つ飲食店で、注文の品が運ばれて来た時「ご注文の品はお揃いですか?」
何品も注文している訳じゃなし、置いていく伝票を見れば一目瞭然なのに・・・。

こんな些細なことが気になりだすと、あれもこれも気になることが多い。

プリンター

○ノンのオンラインショップで、購入したプリンターが昨日届いた。

現機種の調子が悪いことは、サポートセンターにメール相談もしていた。
その返事が来てあちらの質問に答え、再度メールを送信しその返事も来た。
返答は、紙送りの機能の問題で、修理にだすしか解決策がなかった。
修理代金は一律12,100円・・・高い。

購入ボタンをポチして数時間後、普段から色々ネットショッピングをするR天市場は、同じ商品がいくらででているか探すと・・・10,000円以下で出ている
ありゃりゃ・・・。大失敗。

もう届いているのに往生際悪く、昨日出かけた帰りY電器に用があり、冷やかしで見てみた。
同じ物がR天とほぼ同じ値段で出ている。
購入を決めた日、Y電器に見に行こうかと言うと、「迷うだけだからいいやろ」と言ったのは夫。

いくら型落ちだと言っても、インクだけでも6,000円以上するのに安すぎると思う。
型落ちを早く売って新しいのを売りたいのは解る。でもインク代を引くと本体が3,000円ぐらいということになる。
修理をしてまで使う気にはならないのが人情だろう。

無事にプリンターを繋ぎ、私の分は切手を貼って投函するだけになった

暮らしのヒント集botから

『しあわせな結婚とは、いつでも離婚できる状態であるけれど、離婚したくないと日々思いながら暮らすことです。』

なるほど言えているかも・・・(^_^;)


R0023974@


病む夫(ひと)を今も好きかと自問する   タンポポ

プリンター不調

昨年のこの時期、年賀状をプリントしていてプリンターの調子が悪かった。
排紙口で詰まってしまうのだ。
A4の紙をプリントするには何ら不自由がないし、葉書も1枚2枚なら
問題がない。
このプリンターは、葉書や印画紙は後ろのトレーに用紙を入れる。

紙質の問題なのだろう。

今年は父が亡くなったので、喪中葉書を準備している。
私の分の約30枚は、何とかだましだましプリントが出来た。
昨年、夫の分にてこずり、結局宛名は手書きにしたのだった。

今年もこう調子が悪いのでは、まだ手をつけていない夫の分が思いやられる。
修理に出そうかと考えていたが、修理代も馬鹿にならない。
そこで型落ちでいいので、購入することにした。
型落ちなら安い
修理代にほんの少しの上乗せで買える。メーカーは同じ○ノン、今使っているのと同じシリーズ。
昨年の今頃発売の商品を、昨夜注文した。
葉書印刷がササッと出来て、イライラが解消されるならやすいものだ。

明日にでも届くかな・・・と心待ちにして待っている。

昼の月

R0023972@


  綺麗すぎる空にぼんやり昼の月  タンポポ

点灯せよ・・・

昨日、整形外科から帰って来た時、メールボックスのある一階付近はまだ電気が点いておらず、薄暗かった。
クルッと回す、Noが見難くアイホンの懐中電燈を点けようとした時、トンと音がして電気が点いた。
今の時期の5時半は、その日の天気にもよるが少々遅いと思う。

かなり暗くなっても、無灯火の車や自転車が多いので、自動で点灯するようになればいいなと思う。
それ以前に少し暗くなれば、気を付けて点灯するのがマナーであると思う。
黒い車の無灯火に、何度かヒヤッとしたことがある。。

ハワイに行った時の、ツアーガイドさんの話しを思い出した。
昼間ライトを点けて走っている車は、レンタカーでエンジンをかけると、
点灯するようになっている…。

国内でレンタカーを借りたことはないが、おそらくそうはなっていないのではないだろうか。


R0023902.jpg

               《ヒメコギク》