FC2ブログ

2度目の観梅と緋寒桜

友人を、淡路島までしだれ梅と緋寒桜に案内してきた。
だいぶ前から行きたいと言っていたのに、去年も一昨年も我が家の都合で行けなかった。
このところA新聞、Y新聞、地方紙のK新聞と、立て続けに掲載されたこともあり、やっと行って来たのだ。

つい最近悲惨な事件があり、淡路島と書くのも少々憚れるが、いつも降りるインターより一つ手前で降りて、先ずは緋寒桜を見に行く。

  @R0020015.jpg


   @R0020017@
 
内心少し遅いかなと思いながらもを走らせる。

染井吉野より色の濃い、桜並木が見えてきて一安心
風が強く寒かったが、その分、青い空にピンクの桜がよく映えて、とても綺麗だった。

その後ちょうど良い時間になったので、昼食に立ち寄る。

当ブログにリンクを貼っている、松葉寿司さんへお邪魔する。
美人のおかみさんは、中学校の先輩である。
最近人気で、ずっといただいてみたかった「生さわら丼」をいただく。

  @R0020025.jpg


生鰆の、たたき丼だが、最初にご飯と鰆のたたきを、横のお茶碗に少し取っておく。
始めはお刺身でいただき、次はたれをかけて丼で、最後に熱いお出しが運ばれてきて
お茶漬けでいただく。
う~~ん美味しい。最高
生の鰆はどこででもいただけないと思う。私も初めてだった。

  @R0020023.jpg


それから一週間前に、夫と行ったしだれ梅を観に


この友人は今回初めてのしだれ梅、山裾の民家の周辺に車がいっぱい停まっている。
横幅12メートル高さ7メートルと言われる巨木は、初めてみる人には驚きと感動を与える。
何度見てもその大きさと花の数に圧倒され、感銘をうけるのはみなさん同じのようである。

  @R0020027.jpg


我が家にある、10年ぐらい前の写真を見ると、まだ屋根には届いていないが、今や屋根より高い鯉のぼりならぬ、屋根より高いしだれ梅である。
梅の花の匂いも香しい。友人も「わ~・ほ~スゴイ!!」

風の強さがここでも幸いして、青空にピンクの梅の花がよく映えて綺麗である。
私も何度も行っているが、こんなにも見事なコラボにはお目にかかったことがない。


  @R0020030.jpg

  

大きくなればなるほど、たくさんの人が訪れる。しだれ梅の一本の木の大きさは日本一ではないかとも言われている。
樹齢60数年、この地に植えられて45年ぐらいと聞いている。

   @R0020036.jpg

満開時は向こうが透けて見えないほどの、数の花を付ける。
今がちょうど満開なのかも。
今年は寒いので、もう少し楽しめそうな感じだったが、今年は20日ぐらいには全ての枝を、選定してしまうと聞いた。

入場料無料で観梅客が年々増え、来年も咲かねばならない使命にある、しだれ梅である。