FC2ブログ

短詩形文芸

43376453_480x397.jpg

かわいいね君の産毛が揺れている   タンポポ


川柳を初めたのは、阪神大震災の翌年だった。

大震災の数日後、新聞に震災川柳の特集記事が載った。
故時実新子氏をはじめとする、川柳展望の川柳作家の句であった。

被災地へ急ぐ背中の水の音   天根夢草

この句に胸を打たれた。

”そうか、川柳とはこんなに解りやすく、今を切り取って詠むものなのか・・・”と深く感動したのだった。
その後、講座の受講生募集をみて受講することになった。
講師がこの天根夢草師であったのは、全くの偶然でびっくりした。
教室に入ってすぐ、今まで川柳だと思っていたものは、「もどき川柳」であったことに気づかされた。
知らないことは恥ずかしい・・・
あれから間もなく20年、川柳に対する真摯な気持ちが失われていて、一向に上達しないでいる。
来月は所属柳社の全国大会がある。出席に○を入れて参加票を提出した。
さてどうなることやら



私の祖父と母は雑俳を長くしていた。
同じ短詩系文芸に惹かれるのは、少しは祖父と母の血をひいているらしい。
祖父・母・私、長姉と3代が、短詩系文芸に親しんでいるが、娘も甥たちも興味がない。
娘たちなど句集を出した時、あげると云うと要らないとにべもなく断られた

雑俳は淡路島に古くから伝わる短詩系文芸である。
折り句と前句付がある。
恐らく今も「淡路雅交会」はあるだろう。

祖父が詠んだ句の石碑が、洲本市にある病院の裏に建っている。
もう何年も前に、それを見たくて行ったことがあった。
「落書きドクトル」として有名だった、島太郎氏がなくなって管理する人がいなくなった裏山は、夏草が伸び放題で、祖父の石碑を探すのに難儀した。
私が川柳を初めていなかったら、祖父の石碑を探すことはなかっただろう。
祖父は短い鉛筆を耳に挟んで、野良仕事の合間に浮かんだ句を書き留めていた。

母は一人で句会に行けなくなって脱退した。
もうだいぶ前のことになる。
雑俳を続けていたら、少なくても今ほど認知症は進まなかっただろうと思う。
まだ母がしっかりしている時、句をまとめて簡単な句集を出してあげようと言ったことがある。
その時は既に施設に入所していて、書き留めたものは自宅においてあり、持ち出せないでいる。
雑俳の、句の良し悪しは私には解らないので、母の記憶のあるうちに何とか持ち出せないかと考えている。

法要と納骨

父の35日と49日の法要と、納骨が行われた。

35日の法要には淡路島で一番高いと言われている、千山に登って
おにぎりを転がすという風習がある。
車で山頂近くまで行けると聞いたので、久しぶりに千山(千光寺)に登ろう
と思っていた。

出発前に渋滞情報をチェックすると、春休みに入った初日の土曜日、
そして今、淡路島では「花みどりフェアー」が開催中とあって、阪神高速は
大渋滞。とても時間に間に合いそうもなく諦めた。

最寄のインターを上がってすぐ、渋滞に巻きこまれる。
約1時間、時速20キロで走った


渋滞の列でガソリン浪費する   タンポポ

11時前に実家に到着。約3時間半かかった
こんなに時間をかけるなら、徳島を越えて、高知まででも行けるかも・・・。

お寺さんが見えるのは3時、それまでに食事行って、帰ってもまだまだ時間があった。

お坊さんは姪の同級生で45歳。

今日納骨をすることは解っていたのに、お墓の掃除をしていなかった。
これは忙しいとはいえ、非常に残念だった。

父がお墓を建てたのは、昭和51年9月である。
お墓もさぞかし待ちくたびれたことだろう。
お墓を建てていたから、何としてもこのお墓に両親を
入れたかった。
だから兄夫婦から、どんな無茶を言われても我慢していた。
このお墓には母も入らねばならない。
まだまだ我々三姉妹は、何も言えないままである。

兄も義姉も決して健康ではない。
母よりも早く、このお墓に入らないで欲しい。
出来るなら、別のお墓に入って欲しい。
お墓に入ってまで、実家にいた時のような思いを、両親にさせたくない。
そんなことを内心思っているが、口には出せない・・・。

帰りも明石海峡大橋を渡って、私が走るほぼ全線25キロの渋滞

SAで仮眠をすべくシートを倒すと、夫がすぐグーグーと寝た
先に寝られちゃ、私は寝られない・・・

休憩に入って1時間後、覚悟して出発する。
情報通りの長~~い渋滞

最寄のインター出口近くまで、10~2キロでトロトロ走って帰る。
ああ~~疲れた。




  @punnamedd.jpg


椎の巨木に抱かれている父の墓   タンポポ

6ポット入り300円

食料品スーパーで、6ポット入りのお花の苗を買った。

ガーデニングも苦手なものの一つの私が、お花の苗を自分で買うなんて
考えてもいなかった。
なのに1年前から、時々買っては植えている。

可哀そうな我が家のお花は、愛情不足でよく非行?に走る。

夫がお花の手入れをしていた時の、肥料らしきものを土に
混ぜて苗を植えた。
その後、袋をみると、土になじんでから苗を植えるようにとあった・・・

可哀そうだけど、これも育たないかも・・・

娘とのLine

お父さんは行けるのよ。

この件は、お父さんのスキにさせましょう。

行くとか行かないとか、行けるかどうかとか……

そんなん言ったらアカンと思うよ。


この上なく、名誉で喜ばしいことです。

みんなでサポートしましょう。

お母さんが心配するのも当然ですが、

まずは一緒に喜びましょうよ.


お父さん一人で来るならそれでも良いし、

私は必ず休みをとって、

羽田でも東京でも迎えに行くし、サポートするよ.。

知~らんで、知~らんで

開いたままの夫のPCの、メール画面が目に入った。

叙勲伝達式への出席の返事だった。
ホントに行く気らしい。マジですか

今朝も「東京へ行く行かないは、私の気持ちや都合ではなく
今の体調であなたが行けるかどうかよ。
毎日食事の後で、しんどいと横になるのに、少なくても
伝達式の日はそんなことは出来ないよ!」と言ったばかりだったのに・・・。
見切り発車もいいところ

人の云うことを聞いてない
こちらだって嬉しい気持ちに、水を差すようなことは言いたくない。
しかしなのだ、一時間車に乗っていても、休憩が待ち遠しい身体。
まあ新幹線の座席は、私の車より乗り心地はいいだろう。

色々ネットでみると、当日はかなりのハードなスケジュールなのだ。
健康な人には、何なくこなせるだろうが、少なくても今の夫には、かなりキツイ。

10日に上京し、11日が伝達式。
着たことのないモーニングを着て、私だって普段パンツしか穿かないのに和服を着て帯を締めて、ああ~しんど。
その日の予定をこなさねばならないのに・・・。

終われば、埼玉の娘のところに行く。
ここで2~3日ゆっくりしようと思ったら、「ゆっくりはできない、帰ったら役所に挨拶に行かねば・・・」と言う。

もうほんまに腹立つなぁ。病人だと思って下手に出ていることに気づいてない。
私がこの3年半、どれだけ自分のことを犠牲にしたか、わかっていない。

病人なのは役所の方でもよく解っている。何も急いで挨拶に行かなくてもよかろうに・・・。
疲れてくたばっていたと言えば、それで済むことなのに。

娘が言ったように、本当に冥土の土産になっても、ワタシャ知らん
本人にその気があるなら、東京へお伴しましょ。
しかし冥土へのお伴は、まだお断りである。


     anigifq.gif


お祝いをいただいたら、↑のような菊の御紋入りの記念品を、お返しせねばならない。
公式発表があれば、業者からカタログが届くだろう。

ほぼ判っていたこと

夫に春の叙勲の内示があった。
退職する前から、70歳になったら対象になるとは聞いていた。
ただ昨今は、非常に厳しいとも聞いていたので、体調のこともあり、
残念な結果になることを、望んでいたのは古女房の私。

ここにアップしたように、昨年の9月に役所から申請するようにとのことで、
申請をしていた。
それが今回審議の結果、晴れて叙勲を受けることになったというわけ。


一般職の元国家公務員を叙勲の対象にすることに、否定的な
ご意見があるのは知っている。
それは関係機関の決めることであると思う。
尤も夫たち一般職が受けるのは、ごくごく下位のもの。


本来なら名誉なことと、夫婦手を取り合って喜ぶべきことなのだろうが、
私の本心は罰当たりにも、あまり嬉しくはないのだ。
夫は5月11日に行われる、伝達式に出席する意向である。

病気で倒れる前から私は、「そういうことになっても私は付いて行かない」と
宣言していた。

夫は在職中、何度も霞が関に出張し、多少は東京を知っている。
しかし私は全く知らないのだ。病身の夫と行ってもし何かがあっても
何もフォローが出来ない。

次女が埼玉にいるから、同伴は娘でいいと思っていた。
娘も私も、恥ずかしながら色留袖を持っていない。
でも娘に同伴を頼むなら、買ってあげるつもりでいた。

それが同伴は、妻に限るのだそうである。
万が一、対象者が車いすなどで、介助が必要であれば、
娘でもいいらしい。

娘たちに、決定の知らせをLineで送ると、「冥土の土産に行って来たら
いいじゃない」という。
冥土の土産ねぇ・・・。

問題は、ハードなスケジュールに耐えるだけの、体力があるかどうかである。
伝達式の後は皇居にあがるのだそうで、それはそれは厳しい警備の中、
しずしずと上がらねばならないのだろう。
叙勲が生涯に一度なら、同じように皇居にあがるのも、一度きりしかない
チャンスではある。
しかししかし・・・。私にとってはハードルが高い。

しかも頼りの夫は、安心して見ていられる状態ではないのだ。
自宅にいるように疲れたといっては、すぐ横になれるわけではないのだ。
こんな状態の夫を一人で行かせることも出来ない、嫌でも付いて行かねばならない。

スムーズにことを運ぶには、式典が行われるホテルに、宿を取らねば・・・
それには早く会場を知らせてほしい。
宿が決まれば、モーニングも色留袖もレンタル予約をせねば・・・。

新幹線のチケットも・・・。

ネットで見ると、26年春の会場は東京プリンスホテル(鳳凰の間)だったらしい。


    12.jpg


      東京へ行く体力を振り絞る   タンポポ

医者の梯子とお買い物

半年に1回の歯のメンテナンスの日だった。12時の予約で口の中をきれいにしてもらい、その後医者に診てもらう。
気になっている場所はあるが特に治療の必要もなく、また半年後に投函予定の葉書を書く。

そしていったん戻り、夫を買い物に連れだす。

行先は「ららぽーと甲子園」病気のため、あまりにも痩せ過ぎて衣類が合わなくなったのだ。
12月9日に退院した時、帰りに冬用のパンツを買いに寄った。
それ以来何も買ってなかった。ダウンの新しいのを買おうと、誘ってもしんどいからいい。
結局ブカブカのを来てこの冬は過ごした。

ブルゾンとYシャツ、肌着を買う予定で出かけ、予定の物は買った。
父の葬儀の時、ネクタイを締めても首回りがブカブカ・・・
今月末の法事用に白いシャツを買った。

現役時代、Yシャツはずっとオーダーメイドだったが、リタイアした今、何度も着ることもなかろうと、今回は既製品でよいという。
首回りを測ってもらってショック。痩せているのは解ってはいたが・・・。
昔から首回りは太くて39センチ78センチで、オーダーしていた、最後の方は40センチ78センチだった。
それが今日測ると34センチ・・・80サイズ揃えてあるが、36センチからしかない。
首回りのマイナス5~6センチは大きい。ウエストやヒップなら嬉しいところなのに。
もちろんヒップも臀部の出っ張ったところがなくなっている。

落ち込むなあ
落ち込むことはまだある。
年末の8回目の手術は、殆ど出なくなった声を出るようにしたのだったが、2月ごろからまただんだん出難く聞き取り難くなってきた。
もう一度、喉にシリコンを入れ直す手術をする予定にはなっている。

その後、夫は自宅に戻り、私は眼科へ、そして次は整形外科へリハビリと、午後から医者を3軒梯子した。

病人を連れ出すのは疲れる。おまけに3軒も医者の梯子は疲れた。

    @R0023447.jpg

路チューと喫煙

ろちゅうは、ろちゅうでもこれは路チュー

私が1か月前に罰金を払ったのは、路駐(-_-;)


中川郁子議員が路チュー事件ですったもんだしていた。大騒ぎされて、体調を崩し、
都内の病院に入院したと言う。ここまでは議員先生のよく使う手だと思う。

そこで病室内で喫煙したのだと言う。タバコを吸うのは個人の自由だが、
病室で吸うのはいただけない。
今や病院は全館禁煙の時代である。ご近所の開業医も院内は禁煙だろう。
それを室内で喫煙とは・・・。

反省をしても遅い。反省だけならでもできるってよくいう。

タバコの臭いは、吸わない者には隠しても解る。
問題を起こせば、病院に逃げ込むのは姑息な手段だと思う。
政治家たる者、国民の見本になる、そんな気持ちで国会に上がって欲しい。
未亡人だからとて、妻子ある男性と路チューはいかん。
そりゃあね、他人様が路チューをしたと言って、大騒ぎになるのは
平和な国だと思う。


別に羨ましくて言っているのではないので、誤解のないように。
わたくしチューなんて、もう卒業しましたから。
卒婚もしたいくらい・・・


    @20140105103007g.jpg



議員先生と一緒には出来ないが、我が家はここに越してから、
ずっとホタル族だった。
ある日お隣から、臭いとクレームがきた。
止めるかなと思ったが、今度は玄関先で吸うようになった。
懲りないやつだと呆れた。

その後何年かして倒れ、23日の入院期間中、全館禁煙であり、
しかも意識障害が長引き、喫煙どころではなかった。

医者は、病気は喫煙が引き金とは言わなかったが
禁煙のチャンスを貰ったと思い、退院してくるまでに、灰皿を処分した。

ライターは私がお香を焚くため少し取ってある。

五歳のホワイトデー

   @IMG_2585@.jpg



孫娘Tのホワイトデーは大好きなY君とのデートだったらしい。
バレンタインのお返しをもらってご機嫌

近くのイオンで仲よくソフトクリームを食べた2人。
Y君はバレンタインにおばあちゃんが「Y君チョコあげるね」と言うと
「Tちゃんからもらうのだけでいい」と言って、Tのチョコを自分の
秘密の場所に隠して、こっそり食べていたのだそう。
今時の子供には参ってしまう

バアチャンは

ホワイトデー知らぬ男と住んでいる   タンポポ

だっていうのに・・・

時代はAサイズ

川柳の3か月に一度の勉強会の会報は、B5でプリントされる。
パンチで穴を開けて、B5のEのファイルに綴じてある。
鑑賞文を載せるので、ページ数は多い。
今までは100均で、このファイルが間に合っていた、それが最近B5Eのファイルが見当たらない。
新しく出来た100均にも行ってみたがない。

文房具屋ならあるかもしれないが・・・。
今、世の中はAサイズの時代なので、仕方がないのだろうが、コピー用紙はB5もB4も市販されている。

少数派かも知れないが、B5Eのファイルを百均でも扱って欲しいと思う。

淡路島のおみやげ

@R0020053.jpg昨日田舎に行ったので、ご心配をおかけした方に、淡路島に昔からある蔵元から、清酒無限大を送らせていただいた。なかなか人気がある美味しいお酒らしい。下戸の私には解らないが、蔵元の方がそうおっしゃるので間違いはないだろうと思う。もっとも自社の商品を悪くは言わないだろう・・・。 この無限大は、数年前ANAの国際線ファーストクラスで、提供されたことがあると聞いている。 田舎に行くと、友人から色々買い物を頼まれる。 チリメン、海苔、ワカメ、玉ねぎスープ、玉ねぎ素麺、タコせんべい、タコの干物。他にもシーズンには玉ねぎの注文も何度も受ける。 商売人ではないので、リベートをいただく気など毛頭ないのだが、相手は色々気遣ってくれる。わざわざそれらを買いに行くわけではないからと言うのだが、お言葉に甘えている。 大抵は我が家の買い物もあるので、ついでなのに申し訳のないことである。 今回も玉ねぎが欲しい友人があったのだが、間もなく新玉ねぎがでるし、今農協で買ってもあまりよくないかも・・・と言ってみた。今は必要な分だけその時に買う、そんなシーズンだと思う。 玉ねぎのシーズンが待ち遠しい。 夫の状態が今より少し良くなって、もう少し母の面会に行けるようになれば、玉ねぎでもチリメンでもなんでも買ってくるから待っててね~ 今回頼まれて買ってきたのは、人気の味付け海苔とワカメ、と玉ねぎスープの3点。 味付け海苔とワカメも製造直売所で買うのでとても安い。 長女が前のスーパーで売っているけど高い、在庫があれば分けて・・・と言ってきた。 たくさんはないが、お米と一緒に明日でも持って行ってやろう。     @R0020054.jpg

2度目の観梅と緋寒桜

友人を、淡路島までしだれ梅と緋寒桜に案内してきた。
だいぶ前から行きたいと言っていたのに、去年も一昨年も我が家の都合で行けなかった。
このところA新聞、Y新聞、地方紙のK新聞と、立て続けに掲載されたこともあり、やっと行って来たのだ。

つい最近悲惨な事件があり、淡路島と書くのも少々憚れるが、いつも降りるインターより一つ手前で降りて、先ずは緋寒桜を見に行く。

  @R0020015.jpg


   @R0020017@
 
内心少し遅いかなと思いながらもを走らせる。

染井吉野より色の濃い、桜並木が見えてきて一安心
風が強く寒かったが、その分、青い空にピンクの桜がよく映えて、とても綺麗だった。

その後ちょうど良い時間になったので、昼食に立ち寄る。

当ブログにリンクを貼っている、松葉寿司さんへお邪魔する。
美人のおかみさんは、中学校の先輩である。
最近人気で、ずっといただいてみたかった「生さわら丼」をいただく。

  @R0020025.jpg


生鰆の、たたき丼だが、最初にご飯と鰆のたたきを、横のお茶碗に少し取っておく。
始めはお刺身でいただき、次はたれをかけて丼で、最後に熱いお出しが運ばれてきて
お茶漬けでいただく。
う~~ん美味しい。最高
生の鰆はどこででもいただけないと思う。私も初めてだった。

  @R0020023.jpg


それから一週間前に、夫と行ったしだれ梅を観に


この友人は今回初めてのしだれ梅、山裾の民家の周辺に車がいっぱい停まっている。
横幅12メートル高さ7メートルと言われる巨木は、初めてみる人には驚きと感動を与える。
何度見てもその大きさと花の数に圧倒され、感銘をうけるのはみなさん同じのようである。

  @R0020027.jpg


我が家にある、10年ぐらい前の写真を見ると、まだ屋根には届いていないが、今や屋根より高い鯉のぼりならぬ、屋根より高いしだれ梅である。
梅の花の匂いも香しい。友人も「わ~・ほ~スゴイ!!」

風の強さがここでも幸いして、青空にピンクの梅の花がよく映えて綺麗である。
私も何度も行っているが、こんなにも見事なコラボにはお目にかかったことがない。


  @R0020030.jpg

  

大きくなればなるほど、たくさんの人が訪れる。しだれ梅の一本の木の大きさは日本一ではないかとも言われている。
樹齢60数年、この地に植えられて45年ぐらいと聞いている。

   @R0020036.jpg

満開時は向こうが透けて見えないほどの、数の花を付ける。
今がちょうど満開なのかも。
今年は寒いので、もう少し楽しめそうな感じだったが、今年は20日ぐらいには全ての枝を、選定してしまうと聞いた。

入場料無料で観梅客が年々増え、来年も咲かねばならない使命にある、しだれ梅である。

古女房のお腹立ち(-_-メ)

夫が勝手に印鑑を押した、プロバイダーの変更は20日ほど前に切り替えが終わっている。
初めてネットに繋いだYahooは、娘婿に繋いでもらった。
それ以降何度かプロバイダーを乗り換え、夫のPCと自分のPCの設定は私がしてきた。
今回は、何の相談もなく勝手に変えたことに抵抗し、自分で繋ぐのは止めた。
業者が無料で設定する、とのことだったので任せたのだった。

ただこれはインターネットの接続のみで、メールの接続はしてくれなかった。
仕方ないので、メールの設定をしようとした。
夫のは前のままで、月額200円余りを支払っていたので、元に戻り設定の必要はない。

私のメルアドを取得し設定したが、肝心の送受信が出来ない。
何でやねん
色々挑戦してみたが、あまり詳しくないもので、お手上げ。仕方なくサポートに電話した。
言われるままにクリックをして進んでいく。一か所数字が違っていたが後は出来ていた。
最後に同期をするとエラーが出て送受信が出来ないのだ。
電話サポートの方と一字ごとアルファベットを確認し、同期をクリック・・・やはりダメ。
セキュリティソフトが邪魔をしているのではないかと、一旦切ってもダメ。
何度も試した結果、、セキュリティ専門担当の電話サポートを受けるが、これもダメ。

PCに問題があるのかもと云う話になる。
PCのサポートを受けようにも、無料サポート期間は終了している。
有料でもいいかと電話するが、なかなか繋がらない。

今後もプロバイダーを変更する可能性はあるので、プロバイダーのメールを使うのは止めようかと思う。
取り敢えず持っているフリーメールで凌ごう。

メルマガの配信先にメルアド変更の手続きをせねば・・・。
面倒くさいな

自治会当番

我が家はここに入居して、すぐ自治会の当番が回ってきた。

戸数は約380戸。輪番制で回ってくる。役員は20名ほどだと思う。
管理組合も然り。
新築マンションで初めての自治会・管理組合を立ち上げた。そして夫は会長、理事長を仰せつかり無事に果たせた。

今回、2度目が回ってきた。本来なら7年先の筈だった。
次の方が自宅をずっと空けており、当番の案内をしても連絡がつかず、その次の方にお願いしたらしい。
ところがこの方は、割合最近越してきた方で、奥様88歳、ご主人93歳。お願いに行くと高齢を理由に断られた。
そして次の方は、昨夏引っ越し、売りに出した物件が売れなくて、今リフォーム中。

っで我が家に回ってきたと云う次第。任期は2年。

夫は、年末に喉の手術をしたものの、声がまた段々出難くなっている。
とても人前で話せる状態ではないので、私にお鉢が回ってきた。

今までは、何もかも全て夫任せだったので、全体のことを把握していない気楽さ。
役も色々ある。どんな役が当たるのか不安いっぱい。

自治会役員は女性が多いので、いい方にお会い出来ればと思う。

入居して25年近くになると、最初からの入居者も我が家のように60代70代、あるいはもっと高齢になった方もあるだろう。
この先、高齢で引き受けられないという、場合も増えると思う。

今後こういうことも頭に入れて、自治会・管理組合を、運営していかねばならなくなるだろう。



同窓会と宝塚歌劇

夫の同窓会がある。
同窓会大好きな学年で毎年開く、そして年に何度も関西在住者が集まる。
療養中の夫はこの3年義理を欠いているが、今年は出席するという。
そして今回は宴の前に、希望者は宝塚歌劇を観劇することになっている。
案内には「奥様もどうぞ」とあり、行くか?と訊く夫。
内心は久しぶりに行きたい、8,000円のS席も大きな魅力である。
(この料金は会費とは別)
肝心の夫は、とても長時間の観劇には耐えられない。
同窓生の中に、私一人混じる勇気もない。
その前に、夫のことを色々聞かれるのも面倒である。
S席のチケットはなかなか取れない。今回逃がしたら死ぬまで行けるかどうか・・・?

昨日友人と映画&ランチに行き、一度歌劇を観に行こうか?と云う話になった。
しかし今の我が家は、先の予定の立たない事情がある。




40年あまり前、夫が公団に出向中、観劇のチケットを貰った。
お母さんが元宝ジェンヌだった兄嫁と一緒に、1~2歳の長女を連れて観に行った。
前から3番目の、中央の席で申し分なかった・・・が、幕が開きステージの手前の楽団の演奏が始まるや、大音響にビックリして泣き出してしまった。仕方なく長女を連れて劇場の外に出た

数年後、役所に戻った夫と宝塚の官舎に移った。
劇場は電車で3つ先、阪急友の会に入会し、年に一度の招待にご近所さんと何度も行った。
今の新しい大劇場ではなく古い劇場だった。敷地内に宝塚ファミリーランドがあった時代である。
ここは子供を連れてよく遊びに行った。

そして甥が阪急電車に就職し、舞台の仕事をするようになった。
社員の福利厚生で、電車の回数券や観劇のチケットを、いただけるようになり、姉とも何度か観に行った。
考えてみると地元にいながら、自腹をきって観たことがない。

もう長い間大劇場には行っていない。最後に見た時のトップは誰だったかも、記憶が定かではなくなっている。


市内には県立芸術劇場があり、色々な催しがある。
先行予約会員になっているが、ここも観たい聴きたいと思う出し物は、チケットが取れない。
電話もネットもつながらないのである。

人生思うようにはいかないものである。

観梅&お見舞い

   @2R0019913.jpg
    

 @2IMG_9432b

3年ぶりに故郷淡路島の、民家の庭先にある樹齢60数年のしだれ紅梅を、観に行って来た。
いやぁ・・・いつみてもその木の大きさと、花の数そして農家の庭先のたった一本のしだれ梅に、誘われてやってくる人数にも圧倒される、本当に見応えのあるしだれ梅である。

   @IMG_9442z.jpg

淡路島の花の札所56番であり、淡路島百景85番である。

昨日は県の副知事さんが、今日は県民局のお歴々がマイクロバスでお出でなっていた。
結構有名人も来られるらしい。
バス遍路の帰りに立ち寄ったり、観光バスも、時間調整に立ち寄ったりすると聞く。
何年か前に行った時は、県警の御一行様が見えていた。

    @IMG_9438.jpg


私も見ごろの2週間ほどの間に、友人を連れて2~3回行く年もある。
花目の当たりにして、皆一応に「ほ~!わ~きれい

      @R0019928.jpg


入場料無料、出店無料の庭に、年々お店が増えている。
今日は、おぜんざい、肉巻き、みかん、変わったところでは書道家が出ていた。目の前で文字を書き少し絵を添えてウン千円、ちょっといい稼ぎになりそうだった。

   @R0019933.jpg

気持ちばかりのしだれ梅募金をして、その後、夫の亡くなった次兄の家に向かい、そこそこ元気?にしている夫を見てもらう。次に長兄が入院している病院にお見舞いに行く。
入院中の兄の方が数倍元気そうだった

本日の走行距離は、246キロ

ご注意を!

↓のメールがiphoneに来ました。
これはPCに転送したものです。
iphoneはPCからのメールを、受けない設定にしてあります。
転送したメールは文字化けしました。
ごくごく普通のメールが、文字化けしたことは一度もありません。
調べてみると実在しない弁護士で、詐欺集団だということが解っています。

どこの弁護士事務所が朝の5時から働きますか


  ♡*************************************♡

蟾ョ蜃コ莠コ: wild.cherry089@i.softbank.jp
譌・譎�: 2015蟷エ3譛�3譌・ 5:11:57 JST
螳帛・:
莉カ蜷�: ・域ー台コ区署險エ騾夂衍譖ク・�


豕慕噪謗ェ鄂ョ陦御スソ縺ョ隴ヲ蜻�

迴セ蝨ィ雋サ逕ィ譛ェ謇輔>縺ョ繧ウ繝ウ繝・Φ繝・′縺斐*縺・∪縺吶・縺ァ縲∝・螳ケ縺ョ縺皮「コ隱阪r縺企。倥>縺励∪縺吶€�

笆シ貊樒エ崎€・・譁ケ縺ク

http://andromedaand.web.fc2.com/bin/camp.php?url=6okf3sey9r0l

窶サ縺頑髪謇輔>縺ォ縺泌ッセ蠢懊@縺ヲ鬆ゅ¢縺ェ縺・エ蜷医€∵ウ慕噪謗ェ鄂ョ縺ォ遘サ陦後>縺溘@縺セ縺吶€�


催 告 状


支払金未納の回収について以下の通りご通知します。
当サイト及びパートナー/業務提携サイトおきまして[無料期間中の退会処理]の申告が行われず、本日までに発生している登録料金、月額料金及び遅延損害金の返済がなされておりません。
つきましては、下記請求金額に関しまして指定期限までにお支払いください。ご入金なき場合は貴殿の期限の利益を喪失させたうえで、損害賠償請求権実行などの法的手続きをとりますので、念のため申し添えます。



請求金額 200,000円
指定期限 2015年3月4日(水) 中

但し、継続利用の意思がない場合は、退会を完了してください。
退会が完了すると、本通知は削除され、あなたが利用している有料情報サイトの全ての請求が停止します。
また、今後同様の請求は一切なくなりますのでご安心ください。

* 退会の申請の手続き
お客様自ら継続利用の意思が無く、退会を希望する場合は、本ページ閲覧後、必ず、20分以内に次のボタンから、退会申請を行ってください。




* 警告内容(重要な通知のため、必ず確認して下さい)
本通知を閲覧したにも関わらず、指定期限内の入金が確認できなかった場合、アクセス情報をプロバイダに提出し、お客様のメールアドレス・プロバイダの契約情報から追跡し、身元調査を行い、顧問弁護士による少額起訴制度を利用した請求を行います。簡易裁判所から少額起訴の訴状と第一回口頭弁論の期日を記した呼出状「(第1回)口頭弁論期日呼出状及び答弁書催告書」が届いた場合、無視せずに必ず出廷して下さい。
この少額起訴の他、本通知以降、一度もご連絡がないなど、特に悪質な場合には、身元調査の上、差押処分を必ず行います。

* あなたのIP情報及び機器情報


本ページは不正アクセス防止の為、SSLセキュリティで保護されています。

(通知人・債権管理回収業務委託顧問弁護士)


hanko1.jpghanko5.jpghanko4.jpghanko3.jpghanko2.jpg




(現債権者・債権管理回収業務委託者)
当社はインターネットコンテンツ事業者・融資企業様より、支払金未納の回収を委託された行政公認法人です。
(法務大臣の許可を得て、信用保証協会の委託に基づき信用保証協会の債権の管理及び回収を行っています。)


♡*************************************♡

ここ↓
詐欺集団

数年前は葉書が、2週続けてきたことがありました。
その時は、今回とは内容が全く違いました。
民事訴訟で訴えられているという内容で、身に覚えがないものの、一体誰に訴訟を起こされているのか??
兄一家と両親の一件で気まずいことになっており、もしや何かと電話をかけてしまったのでした。
応対に不信を感じ、ネットでその葉書の内容を調べると、詐欺集団であることが解りました。

今度はケータイから非通知でかけると、何回呼び出しても絶対出ないのです。
向こうも非通知を、警戒しているのが解りました。
ならばと、夫のケータイからかけました。こちらも相手の素性が解ったので、話しながら「今ネットを見ています、詐欺だとでていますねそうですか?
相手「・・・ガチャン」と切れましたとさ。

我が家はまだ電話では、受けたことがないのです。
あるかもしれないけど、登録先以外は着信音を鳴らさないようにしているからかも。

ご用心ご用心


通院日

一旦父の回想を横に置いておいて・・・


@2R0019885@今日は夫の通院日、久しぶりに神戸の病院へ付いて行ってきた。
心臓血管外科の受診と腎臓内科の初診。この病院にかかっている科は、メインの心臓血管外科、感染症内科、泌尿器科、耳鼻咽喉科、形成外科、そして腎臓内科の6診療科目になる
上得意ではないだろうか。

3月中に予定していた、9回目の手術をしなくてよくなった、とは言っても胸の穴が塞がったわけではない。
もう丸々8か月も開いたままである。予定していた手術をしても、また同じ経過をたどるかも知れない。感染症がある以上可能性が高い。同じように穴が開いて一年になる方があるらしい。その方は2回手術をしたが、やはりまた穴が開いてしまったという。夫のはそう大きくも、深くもないということで見送った。


年末の入院以来、高い数値が続いているカリウムの件で、腎臓内科を受診した。
服用している薬の副作用でもあるが、その薬の服用は止められない。
専門医の診断の結果、カリウムの数値は高いが、片方の腎臓しか機能していない割には、腎臓そのものは、まだそう悪くはない。GFRの値は38あり、2011年に倒れて以来、急激な変化はないとのこと。
透析を受けねばならなくなるのは、この数値が10以下だそうで、今のところはセーフである。
一番懸念していたのでホッとした。なにぶんにも亡くなった腹違いの兄と姉は、腎臓が悪く透析をしていた。
そしてもう一人の兄も透析をしている。母親は違うが、腎臓の悪いDNAを持っているのだろう。

時間があれば栄養指導を受けるようにとのことで、診察後、受けてきた。

カリウムの知識として、たくさん含む食品=生野菜・果物・中でもバナナは多い、とこれぐらいしか知らなかった。
生野菜と果物の好きな夫が、これらを食べられなくなるのはキツイ。

栄養指導を受けてよかった。
生野菜は小さくして水に一時間ぐらい浸けておけばカリウムは殆ど抜ける。
カリウムは蒸したり、揚げたりしても抜けない。火を通せるものは水に浸けてからゆでる。
少し手間はかかるが、こうすれば生野菜も食べられる。果物は少し減らさねば・・・。
缶詰ならOK。
炒め物も一旦水に浸けたり、茹でてから使えばOKなのだ。

後何年生きられるかは解らない、また透析をするようになるかも知れない。でも少しでも先伸ばしが出来たらいいと思う。

現状より良くなることは望めないかも知れないが、古女房の面子に掛けても、少しでも今の状態をキープしたい。
毎朝食べる生野菜を、こうして食べることで僅かでも数値が下がれば、御の字というものである。

雑感

父の訃報を聞いても一粒の涙も出なかったが、さすがに枕経が始まると50年ぐらい前に、父と淡路島を原付で一周したことや、もっと小さかった時のこと等、色々思い出し、涙がにじんできた。
叱られたことはもちろん、PTAの役員になった時、坊主頭だった父に、髪を伸ばしてと言ったこともあった。
このことは、夫が40歳を前にして頭が白くなり、次女が「父親参観にそんな白い頭で来たら嫌だ」と言った。
夫はその後数年間、自分で染めていた。やはり私の子だなと思った

お花を栽培していた時期があった。よく覚えているのはカラフルなルピナス。
今はプランター用の背丈の短いのもあるが、栽培していたのは背丈の長いものだった。
そのころだろうか?淡路島は「花とミルクとオレンジの島」と呼ばれていた。
今はさしずめ、玉ねぎとレタスの島だろうか?

父は若い時、身体が弱くて戦争には行ってない。同年代の人たちが戦争に行っている間、産めよ増やせよに協力し、私以外は戦争中に生まれた。
若い時から華道の嵯峨流師範として、婿養子に入ってからもお弟子さんを取っていたそうだ。
男が華道をするなど、田舎では珍しかったに違いない。
床の間には常に、大作を生けてあった。材料は山から切って来た木の枝や、自宅の花壇の花だった。
ご近所に婚礼などがあると、頼まれて生けに行っていた。

細い体でよく働いていたと思う。
長い間、乳牛を飼育しており、夕方絞り立てのひと肌、否牛肌の生暖かい牛乳を、コップに入れて飲んだものだ。
時々牛の毛が入っていた。
今なら衛生上許可されていないかもしれない。なにぶん50数年前のこと、その辺は大雑把だったと思うし、乳牛の乳から直接コップに絞る正真正銘、混ざりっ気なしの牛乳に、何のためらいもなかった。
そんな私も、今は町中に住みちょっとした町の人間になっているが、本来は野生児だったのだ。
今飲んでいるのは低脂肪乳、あの時飲んでいたのに比べると、濃さも味もスカみたいだと思う。
生き物を飼っていると留守が出来ない、30年程に乳牛の飼育は止めた。

犬が大好きでいつも犬がいたが、猫は嫌いだった。
学校の帰りに捨て猫を拾って帰ったことがあった。
飼いたいと、この時ばかりに甘えてみたが駄目だった。元いた場所に置きに行った。

今時のようなお犬さまではない。番犬の役目をする犬だった。
狆は番犬にならなかった、でも上を向いた鼻が可愛く、優越感に浸れることができた。
後はどの犬も、しっかり番犬になった。
犬の素質を見抜いていたと思う。

他人様には面白くもないことを、長々と書いてしまった