FC2ブログ

営業

今日は天皇誕生日で休日。昭和を40年程生きてきた身にはまだしっくりこない天皇誕生日現天皇には申し訳ないことである。

昨日のこと出かけようとしていると、チャイムが鳴った。インターホンに男性が映っている。
「郵便局です」というので、書留か何かの配達だと思い、認め印を手にしてドアを開けた。
すると「年賀はがきは、もうお買いになりましたか?」
「はい、もう投函しましたよ」

年賀状の売れ行きが、よほど悪いのだろうか?
若者はメールやLineで新年の挨拶をして、ほとんど年賀状は出さないのだろう。
我が家にしても、昔は250枚ぐらい出していた。
プリントゴッコで1枚ずつ刷って、宛名は手書きをしていた。

夫が現役を退いて少しずつ減らし、今はふたりで150枚である。
郵便局の飛び込み営業は、保険や投資の勧誘以外初めてだったと思う。