FC2ブログ

老いを受け入れる

雨が降ってとても寒い。

年末だと思うだけで気忙しいが、やる気が出ない。
取りあえず、リビングと食卓の上の蛍光灯を取り替えようとY電気まで出かけた。
出かける前にお手洗いに入ると、ウオシュレットのリモコンの電池消耗のサインが出ていた。
単三電池3個、買い置きがあると思ったのに切らしていた。

店舗で、今天井に付けている照明器具に、LEDの蛍光灯が取り付けられるかどうか聞きたかったが、その辺りに店員がいない。諦めて従来品を買ってきた。
でも高い・・・2本が一個になっている100ワット、4000円近くもする。
長寿命で16000時間と書いてある。今までは毎年年末に交換していたが、これなら毎年交換の必要がなくなる。
16000時間の寿命なら、1日8時間点けていたとしても計算上、5年は持ちそうである。
でも今付いているのは、2年前に夫の入院中に娘婿に付けてもらった。
何だか暗くなったと思って交換しようとした。
全く同じものを購入したので、やはり2年ぐらいすると暗くなったと感じるかも知れない。

次は器具ごとLEDに交換したい。
我が家の天井は高い。夫が背の高いステップ台に乗ってカバーを外す。
ここまでは出来たが電球が外せない。昨年夏の手術の広背筋切除の傷が、脇の下から背中まである。
その傷が突っ張るのと、腕の筋肉が落ちて大きな蛍光灯を外す力が入らないのだ。

天井の蛍光灯の交換も出来なくなったことで、私のテンションは下がってしまった。

しかしこれが病人であり老いなのだと、受け入れざるを得ない。
今後こんな些細なことも誰かに頼らざるを得ないかと思うと、先が思いやられる。
私は人工股関節をいれており、不安定な姿勢をとって転落でもしたら大変なので、私にも出来ない。

頼りになる便利屋さんを探しておかねば・・・

    @1R0019680@


     無抵抗に老い受け入れる年の暮れ   タンポポ